top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

アガパンサス 切花(小型の青紫系) 苗の植え替え

秋にも少量出荷している小型のアガパンサス(Agapanthus属)の切り花です。
青紫色が綺麗。

圃場内を一回りして戻ってきたら、右のようにスリーブ掛けが終わっていました。


こちらは「葉玉ネギ」ではありません。

アガパンサス苗の植え替え中です。 ポット育成でハウス内のため
今の時期でも問題なくできます。

参考に過去ログ画像から、今年の初夏の出荷前ごろ。


今朝の当地は数日ぶりに快晴となりました。その分放射冷却で9度台・・。
連日の雨でズブ濡れ状態で冷えたので、このアガパンサスなど露地物が心配な時期になりました。
(クリスマスが近くなるころにはトリトマ(クニフォフィア)もあります)

                    
                  まだ外は乾かずビショビショ、それに今朝の晴れは束の間のようです・・。(担当・IDU)

2017-10-18 08:26:53

コメント(0)

終盤のベッセラ・エレガンス(Bessera elegans) バルーンペッパー

ベッセラ・エレガンス(Bessera elegans)はラストスパートです。
今年は夏からの天候不順で花上がりの時期がバラけてしまいました。
加えて先週からの冷たい雨続き・・。加温はできても日照不足はどうにもなりません。

基本のオレンジ(区別の為に「赤」とも呼ぶ)、本数を数えて仕分け中。


スリーブを掛け終わったピンク~パープル系。



そして最初の基本色。




オレンジ繋がりでハロウィン頃まで頑張るバルーンペッパー、まだまだ元気です。

とはいえ流石にこの天気では茎の伸びが止まりました。


                           気温は昨日からずっと13~14度止まり。小雨ですが、降り続いています。
                           今日は朝イチの通院なので、投稿時間が早い・・。      (担当・IDU)

2017-10-17 07:38:53

コメント(0)

チューベローズ 秋の花(長雨で少量か・・)

現在キジカクシ科(クサスギカズラ科)に落ち着いている
チューベローズ(Agave polianthes、旧Polianthes tuberosa)
秋の花が少し出てきていますが、露地なので冷たい雨続きで困ります・・。
気温は昼夜14~15度で降り続いています。

左はピンク系の切り花。(この画像は先週の降り出す直前採花で数日のタイムラグがあります) 
右は長雨中に倒れてブサブサなのを承知で、先端付近の綺麗に咲いている状態の参考に貼ります。
(淡いピンクの八重咲き)



左と中央はピンクの露地畑。ポツンポツンと上がってきていますが、元々が少ないと思います。
右は定番の白の八重ですが、撮影したこの一本の周辺にも何本か出てきているものの、出荷には短すぎて採れずにいます。

長雨・低温・日照不足は堪えます・・。(小振りの時に撮影)


              自庭の鉢物も雨続きで根が腐らないかと思うぐらい降っています。人間も寒い。(担当・IDU)

2017-10-16 08:32:53

コメント(0)

ストルマリア・トルンカータ発芽 リコリス実生発芽

独特な赤いチューブのストルマリア・トルンカータ(Strumaria truncata)、動き出しました。

左は珍しくチューブが二段になっている子。固定したら面白そう・・。
中央、ろくに葉を伸ばさないうちから右横に花芽を出し始めている子。
右、葉の長さのタイミングではウサギ風?可愛いというには無理がありますか・・?


こちらはまだ実生からの育成中のエリア。
葉が見えるまでは危ない赤いキノコが沢山出たようにも見えます。



最近回収した(7日記事)リコリス(Lycoris属)の発芽。
本来はこぼれ種で勝手に潜っていくので、特に何もしません。

表面の黒丸が全部種です。(モミガラ燻炭で見えにくい・・)
真黒ですが、大きさは薬の正●丸が近いかも。


情報・チラホラとチューベローズの秋の花が上がったのですが、この雨続きでは
殆ど取れずに終わるかもしれません。(昨年は随分早く一度霜が降りて沢山やられたし・・)


                               時々止んだりはするものの、雨が続いています。
                               昼夜問わず気温が15度前後。暖房が欲しいかも。(担当・IDU)

2017-10-15 08:38:45

コメント(0)

パラモンガイア出蕾   番外編 トマトとパパイヤ (露地のアルストロメリア)

パラモンガイア(Paramongaia weberbaueri)、先月24日記事で休眠明けは載せましたが、
一個蕾が出ていて驚き。(撮影日は雨降り前だったのでハウス内が明るい・・)

周囲にはまだ熟睡している子もいますが、大半が起きました。
葉が茂っていると蕾が色づくまで見辛いので見落としてしまいます。


以下はオマケの番外。
温室内は棟によって管理温度は異なりますが、冬場は当然外より暖かい訳で・・。
販売植物以外の物もチラホラとあったりします。

まずは年中元気なミニトマト。誰かさんの良いオヤツ兼、それなりにハウス内の環境の指標にもなっています。

屋外に比べれば当然受粉率は低いですが、結構付きます。(もはや樹木状態)
(樹木と言えばツリートマトのタマリロは先月23日記事でチラッと)


 こちらは矮性パパイヤ(Carica papaya)が結実。
 
右は別品種。色々な園芸品種や性質があるようですね。


これはアルストロメリア(Alstroemeria属)ですが番外状態。
球根を掘り上げた後の古土は一定期間積み上げてあるのですが
極細かい球根が程よい深さに埋まっているとこういう事が起きます。

斑入りもあるじゃん・・と思いますが、一度廃棄した分からは圃場には戻りません。
自然状態での活動開始の目安になっています。

・・当地は秋雨前線が予報通りかかり、昨日から冷たい雨が降り続いています。約一週間続くらしいので、
予定している生育が遅れそうです。(一昨日31度近かったんだよ~、昨日からは日中が15度ほどしかないよ~)


                               今朝は頭痛が一応引いてホッとしていますが、
                               この気温・気圧・湿度の差についていけないでいます。(担当・IDU)

2017-10-14 08:31:44

コメント(0)

切花用アルストロメリア 生育中 ポット苗用 植え付け開始

アルストロメリア、切り花用の植え付けは夏から始まっていましたが、
販売用のポット苗用も植え付け作業が始まりました。

品種ごとにズラッとレーンに並んでいきます。間違えないようにケースの頭には
必ずラベルを入れてあります。



こちらは切花用アルストロメリアの近況。 
社長情報によると天候にも左右されてますが、11月からは安定して始められそうとの事です。
これはポツンポツンと花が上がりだした2品種。(まだ採れるほどには揃いません)

この黄色は好きですねぇ。

スポットが散らばるオレンジ。


他も時々は蕾が出たりしますが、まだ早くて気まぐれ。圃場は葉っぱを茂らせて生育中の段階です。

本来の開花時期だとケースの土が見えないほど茂るので、まだまだスカスカ。
よく茂っている場所でも右の程度です。

これらのレーンの一部です。



          昨日は30度になった当地ですが、秋雨前線の下降で昨夜から気温は下がる一方です。(今17度)
          明け方から頭痛と神経痛も反応しているので、予報通り数日荒れ模様みたいですね・・。(担当・IDU)

2017-10-13 08:23:21

コメント(0)

バルビネラ 植え付けと生育開始 シノティア球根

5日記事でもバルビネラの植え付け作業は出しましたが、続いています。
これは分球や実生からのまだまだ小さいバルビネラの苗(ブルビネラ、Bulbinella属)。

白っぽく見えているのが芽の上に切り残してある枯葉の位置。
切り花が取れるように大きくなるまであともうひと踏ん張り。

葉は筒状ではないですが、小さいうちはネギ苗みたいに見えるのを
過去ログから貼っておきます。(昨年11月中旬頃)




こちらはすでに切花用になっている親株達のエリア。
色々な指示ラベルが沢山入っていて読む方も大変。(こういうのは例外中の例外)

そろそろ潅水開始で発芽が始まるので、位置関係を覚えておくのは今の内。


これは シノティアの球根(Synnotia属は現在Sparaxis属)植え付け直前の状態。

スパラキシス属と言われても個人的にはヤッパリ違和感が~、と何度見ても思ってしまいます。


一応過去画像から、今年3上旬の切り花の様子を貼っておきますね(左の黄色はラケナリア)



                        今日は朝から夏が本気を出して戻ってくるようです。すでに暑いんですが・・。
                        これで予報通り明日から一週間は寒くて雨って本当でしょうかね。(担当・IDU)

2017-10-12 08:32:00

コメント(0)

切花(少量) アガパンサス ツルバギア  ブローメリア植え付け継続中

切花は少量ですが、春(初夏)だけでなく秋にも咲く小型のアガパンサス(Agapanthus属)。

この段階で大人の握り拳ぐらいでしょうか。
ご覧のとおり露地ものです。


こちらも春と秋に頑張るツルバギア(Tulbaghia fragrans は現在Tulbaghia simmleri)

白とび気味ですが白とピンクです。


上にあるような秋から咲くものより、これから年末までは植える物の方が圧倒的に多いです。
(最終的に温室内のレーンが全部埋まる訳なので、まだまだ年明け頃まで続く)

写っているのはブローメリア(ブルーメリア、Bloomeria crocea)。
先月(9月10日)も貼りましたが、切り花は4月中旬頃からだと思います。


これはその今年4月中旬頃の切り花と圃場の状態。

 

               秋だと思っていたら昨日から真夏日並みで暑いです。今朝も腫れてきたので暑くなりそう。
               で、明後日からガクンと冷えて一週間は秋雨の予報のようで・・。ホントかなぁ。(担当・IDU)   

2017-10-11 08:33:36

コメント(0)

春からの切花用 グラジオラス ラケナリア 植え付け進行中 クリナム・ゼイラニクム

植え付け直前のトリトニア(Tritonia属)の木子たち。大きさ別に分けて更に育てていきます。
(粒ぞろいのナッツみたいで美味しそうに見える)



これは春咲きグラジオラスGladiolusたちの植え付け。
実生、分球、親球など大きさが色々なので揃えてケース内の数を変えています。




堀り上げ後に葉が乾いても、硬くて簡単に取れない性質の球根は
先端を痛めないように無理に毟らないので、植え付けまでこの姿です(これも春咲きのグラジオラス)。




ほか、これはアヤメ科以外ですが、種(たね)の温度調整をして発芽待ちのエリアです。
(中央のケーブルは地中温度検知のセンサー)

丁度作業中だったのでこの後は保温用のカバーが上に乗るはず。
大抵の発芽は自然に任せますが、揃えるために時々こういった事も行います。



オマケ。定番外品ですが、
たまたまクリナム・ゼイラニカム(ゼイラニクム、Crinum zeylanicum)の今年の種がありました。

表皮の色はとっくに褪めてしましましたが植えるには全く問題なしです。
(この後ポットに移動。持っているのは作業中の農場長)
これも大型球根なので実生から開花まで長いですが、原種なので基本は待つのみ。

ピンとこないと思うので、今年咲いていた過去ログ画像から。

結実後しばらくはこの赤色を維持しています。(縞々だったら面白いんですが)



ほか、植え付け待ちの春から切り花になる球根がまだまだ沢山。
この付近はほぼラケナリアだけ。(一番下は通風のため上げ底用の空ケースです)

植えて水をかけるまで、ある程度は生育開始を待ってくれるのが球根の便利な所。
 

                         今日は流石10月10日、朝から快晴ですが平日なんですよねぇ。(担当・IDU)

2017-10-10 08:35:05

コメント(0)

植え付け作業の色々 蒸気消毒 通路の指定  ブルメナビアの発芽 

植え替え・植え付けが進むという事は、その前に堀り上げ作業があった訳で
使用後の蒸気消毒待ちケースがズラッと並びます。

終って冷えたケースは次の植え付けに回ります。


左、画像だと読めませんが、手前の段ボール板には「ラケナリア」と書いてあります。
通常でも〇号の〇番通路、〇〇の南側、とか指示が出ますが、 こうして書いてあると誰も間違えない。
秋の植え付けケース量が多い時にはありがたい指示。
そしてそれぞれの場所で右のように植え付けたケースが並んで、温室内が徐々に埋まっています。




これは増殖中のブルメナビア(Eithea blumenavia)、この夏に結実した種の発芽が始まりました。
これに限らず「種名で呼ぶな」とお叱りを受けそうですが、Eithea ってカナ書きし辛いので・・。
(エイセア?エイテア?)
 
この子は鮮度が命なので取り蒔きが基本。
それでも時間差は結構出ます。

一応、イメージとして今年の6月頃に咲いていたのを過去ログから貼っておきます。

(説明は「ちっちゃなアマリリス」と言った方が花のイメージは通じるでしょうね)


ところで園内は無農薬なので、鳥(主にハクセキレイ)や昆虫(益虫)が時々ハウス内に入り込みます。
先日は狩り蜂の一種が、点在するハウス内の細い支柱パイプ(中空)の周囲を
ノソノソ歩いたり穴を覗き込むようにホバリング・・。明らかに営巣候補地の下見なので、
流石にそれは困るからピンピンピンと支柱を弾いて「ダメダメ」とやったら、
天窓の隙間から飛んでいきました。ごめんよ~。自宅になら大いにウェルカムなんですが。


                秋らしくなったかと思ったら、昨日は梅雨の晴れ間のように蒸し暑かったです。(担当・IDU)

2017-10-09 07:27:19

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5