top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

アルストロメリア「和(なごみ)」「プレシャス」「メロリーナ」「ローズフラッシュ」 キアネラ

アルストロメリア(カリオ系で呼んでいるAlstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)から
「和(なごみ)」



「プレシャス」



「メロリーナ」





「ローズフラッシュ」

(主力のプリスタ系の色づきが強い物、といった雰囲気)
 


当園で3種扱いのあるシアネラ(キアネラ)属、例年一番遅咲きのカペンシスが
今年は随分と早く咲き始めました。
(Cyanella capensisは現在Cyanella hyacinthoides)

淡色と濃色がありますが、現在淡色が切れ始めています。


濃色はまだチラッと数本程度。

 

 数日前から田んぼに水が入りだしたので、アマガエルの声がよく聞こえるようになりました。(担当・IDU)

2020-04-03 08:09:29

コメント(0)

リューココリネ「シェルピンク」「粧(よそおい)」 非売グラジオラス アラタス ウイシアエ

リューココリネ(レウココリネ、Leucocoryne coquimbensis)の園内育成品種から
「シェルピンク」

(もう少し濃い色も入る事があります)


「粧(よそおい)」

春らしい感じで好きな品種。



ある日の色々。




こちらは現在維持~非売品状態のグラジオラス2種、咲いていたので撮影。
グラジオラス・アラタス(アラツス、Gladiolus alatus)



グラジオラス・ウイシアエ(Gladiolus uysiae)



  昨日はガッチリ雨、今朝は晴れたものの北西の暴風状態。心身共に疲れます・・。(担当・IDU)

2020-04-02 08:10:53

コメント(0)

アルストロメリア「きなこ」「レモネード」「さわやかオレンジ」 グラジオラス「ミスティローズ」

4月1日ですね。本年度もよろしくお願い致します。

アルストロメリア(カリオ系で呼んでいるAlstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)から
「きなこ」



「レモネード」



「さわやかオレンジ」



春咲きグラジオラス(Gladiolus属)の少量切り花向けの開花が始まりました。
「ミスティローズ」



 また雨です。色々と用事が溜まってしまいます・・。(担当・IDU)

2020-04-01 08:11:13

コメント(0)

アルストロメリア「ガーネットリング」「白桃」「カナリーナ」 グラジオラス「シェリーレッド」

アルストロメリア(カリオ系で呼んでいるAlstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)から
「ガーネットリング」



「白桃」



「カナリーナ」




春咲きグラジオラス(Gladiolus属)の少量切り花向けの開花が始まりました。
「シェリーレッド」

綺麗な赤です。


 今日で年度末ですか・・。3月が凄く早かった気がします。(担当・IDU)

2020-03-31 08:29:49

コメント(0)

アルストロメリア「コーディアルピンク」「桃かほり」「クラシックレオンジ」 メラス バルビネラ

アルストロメリア(カリオ系で呼んでいるAlstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)から
「コーディアルピンク」





「桃かほり」





「クラシックオレンジ」

圃場での開花画像はイメージ参考程度でお願いします。
咲いているという事は、交配目的を除けば
輪数が少ないなど規格外の物を撮影しています。
 


押し花の黄色としても知られるようになったメラスフェルラ(メラスファエルラ属)。
(Melasphaerula ramosaは現在Melasphaerula graminea)
咲き始めは淡く、咲き進むと濃い色になるので2色咲きに見えます。

 

バルビネラ(Bulbinella属)の白の晩生型がピーク。

穂が長いので、全体にピントが合わず撮影に苦労する花・・。



 昨日は冷たい雨とまさかの日中が2度台。昼間にこの冬一番の寒さが出るとは思わなかった・・。(担当・IDU)

2020-03-30 08:19:18

コメント(0)

アルストロメリア「アンティークピンク」「カスタード」「チェリーブロッサム」 パピリオ他

アルストロメリア(カリオ系で呼んでいるAlstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)から
「アンティークピンク」



「カスタード」



「千代」



「チェリーブロッサム」




アマリリス(Hippeastrum属の方の話)、色々切れてきていますが
パピリオ(Hippeastrum papilio)がこんな感じです。秋から結構咲いていたので
今期は少し少なめの様子との事。


他の一部。



 昨日はほぼ夏日だったのに、気温は5~6度台の冷たい風雨で今も下がる一方です。
 関東平野部でも雪の予報が・・。(担当・IDU)

2020-03-29 08:25:28

コメント(0)

リューココリネ「ブルー」「パープリッシュピンク」「フルル」 ラケナリア「春のほほえみ」

リューココリネ(レウココリネ、Leucocoryne coquimbensisの園内品種など)から。


「ブルー」


「パープリッシュピンク」


「フルル」
少し縁が波打つ感じのミックスカラー。

「ファンタジー」同様に束によって色合いは異なります。
(フルルでペンギンを思い出す方は・・笑)



ラケナリア「春のほほえみ」切り花が始まっています。

あとはグラウシナ、コンタミナータ、ロゼアなど。


オマケ・ツバメ登場。まだ警戒心が強いです。
(そのうち作業中の頭上を飛ぶようになる)



 朝方にわか雨でアマガエルが鳴いています。一晩中19度以上あって気持ち悪い・・。(担当・IDU)

2020-03-28 08:28:06

コメント(0)

アルストロメリア「フォーシーズン」「歌舞伎」 グラジオラス ワトソニア

アルストロメリア(カリオ系で呼んでいるAlstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)から
「フォーシーズン」


「歌舞伎」(咲き出したばかり)




こちらの春咲きグラジオラス(Gladiolus属)は圃場で咲いていた物を。
(咲いているという事は選抜や維持段階で切り花とは限らない)

情報・画像が間に合いませんが、切り花にしている
グラジオラスの「ミスティローズ」(紫系)「シェリーレッド」(赤系)咲き出しました。


アヤメ科の切り花ではワトソニア(Watsonia coccinea)

情報・ドワーフタイプのワトソニアも出蕾が始まりました。

同じく画像が間に合いませんが黄緑系のラケナリア「春のほほえみ」も切り花開始です。


 曇りがちで今朝は生暖かいです。
 (4時前に目が覚めて、ウッカリ木星を見てしまい2度寝失敗)(担当・IDU)

2020-03-27 08:09:47

コメント(0)

切り花・圃場開花の比較「レッドプリスタ」「シェーンボルドー」 アマリリス(ヒッペ)とベラドンナ

アルストロメリア(カリオ系で呼んでいるAlstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)から
「レッドプリスタ」


圃場にて。



「シェーンボルドー」


圃場にて。




こちらは何品種か切り花中ですが、たまたま咲いていたので撮影した
園内ではアマリリスで呼んでいるHippeastrum属。

でっかい。
ほか通常のアマリリスの切り花も出荷中。(パピリオも少量あります)


一方、ホンアマリリスことアマリリス・ベラドンナ(Amaryllis belladonna)の現在は・・。

そろそろ伸び止まりかなと。(私の背丈を超えているので160cm以上)
アマリリスだと園内ではややこしいので
こちらはベラドンナ、と呼んで区別しています。

情報・バルビネラの白(遅咲き)、ピークとの事です。
メラスフェルラは長尺物が後半。黄色い小花は押し花で綺麗に色が残るのでオススメ。


 昨日は氷点下だったのですが、圃場にツバメが飛来していました。
 昨年の番のようですね。寒かったろうな・・(幸福の王子を思い出した)。(担当・IDU) 

2020-03-26 08:09:59

コメント(0)

ゲイソリザ各種増殖向け開花  ヘスペランサ テコフィラエア・ヴィオリフロラ メラス

暖かい日が続いていたのでウッカリ撮影し遅れました・・。
秋植え球根で販売のゲイソリザの花をいくつか。
ゲイソリザ・ツルバゲンシス(Geissorhiza tulbaghensis)

本種は大輪。

ゲイソリザ・インフレクサ(Ggeissorhiza inflexa) 

咲き進むとマゼンダ色になります。
(異名のvar. erosaをつけていたりエローサやエロサで紹介している場合もあります)。


ゲイソリザ・モナントス(Geissorhiza monanthos)



ゲイソリザ・ラディアンス(Geissorhiza radians)

通称ワインカップ。異名の多い花でもあります・・。



こちらは維持~増殖中で非売品の
ヘスペランサ・バックマンニー(Hesperantha bachmannii)

白花。


こちらも撮影が遅れて一層小さな残り花状態になってしまった
テコフィラエア・ビオリフロラ(Tecophilaea violiflora)
(テコフィレアとも呼びます)
現在維持~増殖段階で非売品扱い。

指の間の極小花(もうちょっと大きいのですが)

あ、潜ったら過去ログが良い仕事をしてくれました。

この撮影は2月中旬ごろ・・なのでひと月近く遅い撮影なら無理だったわけです。



こちらは園内では略してメラスで呼んでいるメラスフェルラ(メラスファエルラ属)
(Melasphaerula ramosaは現在Melasphaerula graminea)
 


 冷える予報通りとはいえ、今朝は氷点下。立春は過ぎたのですが・・。(担当・IDU)

2020-03-25 08:21:22

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5