top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ツルバギア  アルストロメリアHyb. 「ライムグリーン」  ネリネほぼ終了参考

ツルバギア、徐々に増加中。
(Tulbaghia fragrans は現在Tulbaghia simmleri)

かすかに甘い香り(左濃色、右淡色)。


春夏に向けて色々作業が進行中。

(潅水チューブ挿し作業中)


こちらは選抜中のアルストロメリア(Alstroemeria属)から
咲き出している物の一部。


「ライムグリーン」

 
 
ネリネ(Nerine属)が昨日の出荷ぐらいでほぼ終わりだそうなので
載せ損ねた分を張り付け。

ピンクのHyb.



白のHyb.(割と大輪)



 

 氷点下が復活で寒い朝、さすが大寒です。(担当・IDU)

2021-01-20 07:51:13

コメント(0)

折りたたむ

「和(なごみ)」 Hyb. 「紅かげろい」 「かげろいイエロー」

アルストロメリア(カリオ系で呼んでいる
Alstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)から
「和(なごみ)」



こちらは選抜中のアルストロメリアから咲き出している物の一部。


カルテの備忘録データを兼ねて。
「紅かげろい」


「かげろいイエロー」



また明日から寒い予報が・・。天気の変動幅が大きいです。(担当・IDU)

2021-01-18 08:09:05

コメント(0)

折りたたむ

アルストロメリア「スポッティアプリコット」「アペリオレッド」「ピッコロイエロー」

アルストロメリア(カリオ系で呼んでいる
Alstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)から
「スポッティアプリコット」






こちらの切り花はたまにしか出せないですが、咲いていたので・・。
小輪多花性な「アペリオレッド」
(ポット苗もある「ピッコロイエロー」の赤花的な、
と言うとイメージが掴めるかも?)

(今年の初花なので輪数少ないです)
まだ切り花が採れる段階ではありません。
 

で、たまたまその「ピッコロイエロー」が切れていたので撮影。

ポット苗出荷の分も順調に生育中です。


 今朝の当地(房総半島の大半)は小雨。夜間が4~5度もあったので、凄く楽に感じます。(担当・IDU)

2021-01-15 08:02:09

コメント(0)

折りたたむ

キルタンサス リューコのナルシ チューベローズ堀りあげ

キルタンサス(Cyrtanthus mackenii)
ほぼ基本の朱赤色。



撮影取り込み時は色がはっきりと(濃黄と淡クリーム)違ったのですが
モニターだと同色にみえてしまうかもしれません。



細々切れている原種のリューココリネ。
(Leucocoryne narcissoides)

ほかの定番リューココリネたちはまだ生育中の段階です。


これはチューベローズの堀り上げが終わって
温室内で処理待ち(乾燥ほか)待機中。

この画像サイズだと、なんだかオガクズ感が・・。
備忘録・Agave polianthes、Polianthes tuberosa、Agave tuberosa、Agave amica

情報・ラケナリア「クリームソーダ」、ピーク越えしましたので減ってくると思います。


 昨日は久々の雨、雪にならずホッとしましたが、未明からは氷点下でブラックアイスバーン。(担当・IDU)

2021-01-13 07:57:22

コメント(0)

折りたたむ

ラペロージアブルー  アルストロメリアポット苗 Hyb. 「ピッコロイエロー」

元々極少量出荷のアズレア、販売名「ラペロージア ブルー」の
Freesia laxa subsp. azureaが時々切れています。
 (旧属名のLapeirousia や Anomatheca の方が有名)



こちらは植え付け~栽培管理が始まった
アルストロメリア(Alstroemeria属)のポット苗たち。

植え付け順に管理方法が変わっていきます。

(左に写っている作業台車、便利なんですよ)

小さなポット苗なので温室内で植え付け作業しています。



これは選抜中のアルストロメリア(Alstroemeria属)から咲き出している物の一部。



「ピッコロイエロー」



 やっと地元のアメダスが直った~。今朝も氷点下、というか
このところ一晩中氷点下が連発。そろそろ抜け出して欲しいです。(担当・IDU)

2021-01-11 08:06:49

コメント(0)

折りたたむ

■短報 ラケナリア「クリームソーダ」 パピリオ トリトニア・ラキシフォリア(極稀)

ラケナリア(Lachenalia属)「クリームソーダ」切り花中です。



ほかの春咲き品種(オレンジや黄色系など)も大分茂ってきています。



こちらは3月ごろに本格化するパピリオ(Hippeastrum papilio)ですが
秋以降ポツポツたまに上がる花は見つけ次第出荷中。



こちらは本来球根販売品だったので
本当に極々稀に切っている
トリトニア・ラキシフォリア(Tritonia axifolia)
シーズンで何束というか何本切った?ぐらいの量。

軽い霜程度には耐えるので、暖地で植えっぱなしにすると
春咲きになります。(園内では導入時のサイクルのままなので秋~冬咲き)
 

 週末寒波が続きそうです。寒さ利用で近隣では田起こしが始まりました。(担当・IDU)

2021-01-09 08:09:31

コメント(0)

折りたたむ

アルストロメリア「ウーパールーパー」「きなこ」「はるかぜ」

ポツポツ切れ始めている
アルストロメリア(カリオ系で呼んでいる
Alstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)から
「ウーパールーパー」




 
「きなこ」



「はるかぜ」



この冬は12月からの冷え込みが強いです。今朝も氷点下で
アガパンサス(Agapanthus属)の霜げた(先月23日掲載)のが更に変色中。

そのうち干したカンピョウみたいに白くなってしまいますが
株元は青々しているので一安心。


 昨日は台風のような風が吹き荒れて色々しんどかったです。(担当・IDU)

2021-01-08 08:33:39

コメント(0)

折りたたむ

■短報 グラジオラスHyb.ほぼ終了 ネリネHyb.あと少し ラケナリア「クリームソーダ」

グラジオラス、そろそろ終了です。(Gladiolus prioriiのHyb.)
(販売ラベルは「プレデニー」

画像右の圃場が切り終わったら終了。



年末年始に開花が来てしまったネリネ(Nerine属)のHyb.
こちらもあと少しで終了予定。

いつもの縮小だと見えないので大きめに。


ついでに、この白は何束というより何本切れるかな、ですが・・。

切れたら出すかもしれません。

 
ラケナリア(Lachenalia属)「クリームソーダ」切れてきました。





 今日も曇り空、雪雲よりはトーンが明るいですがドンヨリして力が入らない~。(担当・IDU)

2021-01-07 08:04:54

コメント(0)

折りたたむ

アルストロメリア 「カスタード」 「グリーンエッジ」

アルストロメリア(カリオ系で呼んでいる
Alstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)から

「カスタード」
(画像内の文字はカルテからなので、出荷時は短縮していると思います)


切れていた分の「カスタード」 





「グリーンエッジ」

(今年の初花段階で、まだ切り花前の花ですが咲いていたので貼ります)


少量ずつ切れ始めています。


情報・ネリネのピンクのフリフリ、出荷始まりました(31日記事参照、元々が少量)。
グラジオラスのプリオリーHyb.(25日参照、販売名プレデニー)ほぼ終了。
ラケナリアはヴィリディフローラがほぼ終了、「クリームソーダ」(30日記事参照)出荷開始。


 昨日今日と曇っているせいか、日中寒くても朝晩の冷え込みが楽~。(担当・IDU)

2021-01-06 08:01:35

コメント(0)

折りたたむ

「かげろいグリーン」「紅かげろい」 ベラドンナ茂り中 アマリリス加温スタート

■三宅花卉園は本日4日始業です。今年もよろしくお願い致します。■

切れ始めたアルストロメリア(Alstroemeria属)の品種
渋い系統の[かげろいシリーズ]から
「かげろいグリーン」




「紅かげろい」



こちらは冬の生育が勢いづいてきたベラドンナリリー
(アマリリス・ベラドンナ、Amaryllis belladonna)

 

加温が始まったエリア。現在Hippeastrum属ですが
アマリリスで馴染んでいるので園内での呼称はそのまま。
(もちろん蒸し風呂にならないように天候をみて手動開閉です)

って、何があるかわからないので・・。(もちろん天候を見て開閉していますよ)


過去ログから、こんな感じのが咲くエリアです。

(2月末~3月上旬ごろ)


 投稿時間が早いのは頓服飲んで起きてないといけないから。(担当・IDU)

2021-01-04 06:30:38

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5