top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

バルビネラ(ブルビネラ) 各色の切り花

バルビネラ(ブルビネラ、Bulbinella属)、そろそろ各色がほぼ出そろいました。




スリーブがかかるとイメージが判り辛いので・・。

晴れると眩しくて暑いぐらいのハウス内です。



でもまだ暖房は作動中。(流石に夜間や寒い時だけになってきましたが)

右画像の淡オレンジで咲くと白花は以前も出しましたが、


黄色系で咲くと白い花になる物もあります。



オレンジ系と比較するとこんな感じでまたイメージが違います。



    投稿が通常より遅いのは、寝坊ではなくて、久々にパソが起動せず強制終了~。(セーフモードは見たくない)
    幸い30分ほどの格闘で済みましたが・・。この数日のwinは(主に10)アプデ後の不具合があるようなので、
    自分は影響のない7で良かったと思っていたのですが・・。うぅ、ビックリした~。            (担当・IDU)

2018-02-25 08:57:03

コメント(0)

シアネラ(キアネラ)・ルテア ゼフィラ・エレガンス キルタンサス二色咲き増殖中

シアネラ(キアネラ)・ルテア(Cyanella lutea)の切り花が始まりました。
右隣はゼフィラ・エレガンス(Zephyra elegans)です。

この時は一束だけで、圃場もまだ確認できていませんのでまた後日・・。


そのゼフィラの切り花。

(なぜかゼフィラと聞くと、私は頭にゾフィーやゼットンと言う名が浮かぶ・・)


栽培エリアですが、毎年どうも綺麗に写せない。
実際に居ると凄く綺麗でウハウハなのですけど・・。

(沢山咲いていて写し時の理想は、朝の切り花採取前ですが到底無理)


こちらは 増殖中のキルタンサス(Cyrtanthus mackenii)の2色咲き。
外がオレンジで内側が黄色なのでとても華やか。

でもまだ切り花や球根販売できるほどは増えていません・・。

 
                          2日間曇って小雨模様だったので、今朝は久しぶりに晴れた気がします。
                          晴れた分、また氷点下が戻ってきました・・。          (担当・IDU)

2018-02-24 08:33:35

コメント(0)

アルストロメリア 実生生育中 切り花 

アルストロメリア(Alstroemeria属)、本来の春から夏頃まで頑張る切り花用のエリアです。

以前からの定点撮影場所。大分ポットの上が緑色になってきました。



そのうち背丈以上に育ちます。


これは切り花の作業場ですが、この後イベントか何かの準備らしく・・。
タップリ大きなバケツに入っていて非常に賑やかでした。




普段は品種別にさっさとスリーブを掛けてしまうので、こういう状態はレアかも。


ほかの通常の・・というか、撮影に行った時間が遅くて箱詰め作業直前の状態。
(撮るのが早いか箱に入れるのが早いか、の感じでした)

このピンク、良い色だったので2枚アップ。


左は小輪系。





(こんなに一気に貼ったらネタが無くなりそうです)

情報・メラスとシアネラ(ルテアの方)の切り花が始まったようです。


                     昨日からの小雨がまだ続いています。気温も昼夜ほぼ3~4度台で固定で寒く、
                     神経痛・頭痛祭り中。晴れの予報ですが今のところその気配なし・・。(担当・IDU)

2018-02-23 08:37:02

コメント(0)

ゼフィラ・エレガンス 圃場の様子

ゼフィラ・エレガンス(Zephyra elegans)、圃場が撮影できました。

レーンに近づくとフンワリ甘く優しい香りがします。



画像の左の株はかなり濃いブルーの個体(主に交配用の株)。
・・他の植物もそうですが、濃い花色同士を交配したからといってその実生が濃い花色になるとは限らないのが
面白いような悔しいような。



この画像あたりが大体の青系~白系の発色範囲の個体差です。



ほぼ白に見える花もあります。 色の濃淡は原種の実生なので差が出ます。



せっかくなので大きめの画像にしてみました。
切り花で出荷しますが沢山咲いている(花が開いている)という事は、
増殖のための実生交配向け株がかなりあります。


                 今朝は薄っすら外が濡れていたので、多めの夜露程度にはサッと雨が降ったようです。
                 昨日同様に雲っていて、今日も寒そうな感じ。                  (担当・IDU)

2018-02-22 08:35:48

コメント(0)

バルビネラ(ブルビネラ) 増加中  フェラリア・クリスパ終了

バルビネラ(ブルビネラ、Bulbinella属) の切り花、大型品種は増えてきました。



ニョキニョキと圃場の様子。



ずっとハウスのエンドまで続いています。

(両サイドの黒いポットはアルストロメリアの実生たち)


切り花のフェラリア・クリスパ(Ferraria crispa)、水揚げ中の物に花が咲いていました。
残念ながら昨日の出荷分で今季はほぼ終了との事です。

 
                  今朝は曇っていて少し暗い感じです。関東は乾燥注意報が出ているので畑もカラカラ。
                  低温にならない雨なら、そろそろ欲しいところ。                 (担当・IDU)

2018-02-21 08:35:31

コメント(0)

アマリリス(ヒッペアストルム) 色々 ベラドンナリリーも茂っています

アマリリス(Hippeastrum属の方)、切り花の赤の剣弁。(中~小輪系になると思います)



これは蕾に傷が入ったので採らなかったため開花が拝めたので 、イメージ見本で貼ります。
スロートの奥まで濃い赤色。(左と中央は同じ花茎を両側から撮影)

(一番右は1~2日後ぐらいに採る蕾。左画像の手前の蕾は、隣り合うケースの別品種なので白っぽい)


大輪一重で赤黒系の切り花。

撮影すると単に赤っぽく写って残念・・。


圃場での蕾。

この時は撮り始めた左が晴れ、右に行くにつれてあっという間に曇ったので
同じ品種なのに違うような色味に写っています。
左のベルベット光沢、右の濃い色、両方合わせた感じが肉眼視に近いと思います。


原種のパピリオ(Hippeastrum papilio)も徐々に増加中。
 



一番上の朱赤剣弁と同じサイズ感な、白に朱赤色の花もあります。



こちらはスリーブなしの参考に、作業中のバタバタ状態。

(周囲にラケナリアなど色々写っています)



一方でホンアマリリス(ベラドンナリリー)、(アマリリス・ベラドンナ、Amaryllis belladonna)、よく茂ってきています。
温室内なのでこんなに茂るのですが、最盛期は人の背丈ぐらいになります。

葉長が1.3m前後になってきました。頑張って初秋の花を作ってほしいです。
(一番左端の背の低いのは、比べると小さく思うだけの大型大輪系Hippeastrum属のレーン)


             田起こしが一斉に始まっているせいか、ジョウビタキやツグミを良く見かけるようになりました。
             モグラも近隣でモコモコ動きだしているようですが・・これは困る。          (担当・IDU)

2018-02-20 08:31:01

コメント(0)

アルストロメリア 切り花 色々 ポット苗 出荷継続中

アルストロメリア(Alstroemeria属)、切り花作業中の様子です。

水揚げ中。


テーブルの赤や青のテープは、規格基準のラインです。



右は「白桃」、おいしそうな色ですよ。皮か実かというと・・実?






テーブルで仕分け中はどうしても画面奥側が光源で常に逆光になってしまいます。
(かといって反対側に回り込むと暗すぎて撮れない・・)


ポット苗も出荷が継続しています。園芸店の気分は春モードに入りましたね。
(植物にはまだ寒いですが)

大き目画像にしてみました。箱詰め作業前にラベルが入ったばかりの苗。
カラーラベルは手間ですが、入るとやはり綺麗。


          今朝は曇って日が射さないのでヒンヤリしています。でも外はそろそろ花粉と砂埃のシーズン・・。
          車がザラザラになってきました(ウォッシャー液の減りが早い早い)           (担当・IDU)

2018-02-19 08:31:18

コメント(0)

メラスフェルラ(メラスファエルラ) フェラリア フリーシア ゼフィラ

園内では略してメラスと呼んでいる(Melasphaerula ramosa)、
4日の記事でやっと蕾が膨らんで・・からが、冷え込みが続いて長かったのですが
咲きだしました。切り花はもう少し先になります。

どう撮ってもよく見えない・・。


ピタッと見たいものにフォーカスできる肉眼は凄いなと改めて思う次第です。
(画像のようにワチャワチャした雑然とした雰囲気ではなく、サラサラといい感じに咲きだしています)

思い切って大きくしてみました。




ほか、園内でも珍しい系の切り花。(細々と出している感じの物です)
これは花茎のフォルム自体も面白いフェラリア・クリスパ(Ferraria crispa)。



緑花なのでこれだけだと地味に見えますが、面白いヴィリディス(Freesia viridis)。
(属名変更が多すぎて、略して種名で読んでしまっていますが)

この切り花栽培は大量ではないので尚更ですが、今季はどこで咲いているのかまだ見つけていません。
(緑だらけの圃場で目立たない上に杖移動では、つい探索を諦める(笑)

小さな花ですが独特の雰囲気が良いです。


そしていろんな意味でレアなゼフィラ・エレガンス(Zephyra elegans) 。

まだ圃場撮影に行けていません・・。優しい甘い香りがする花です。


                      また昨日から冬の天気が復活中。氷点下で北西の風です。
                      でも近隣は田起こしが始まって、道路をトラクターが走っています。(担当・IDU)

2018-02-18 08:18:54

コメント(0)

アマリリス(Hippeastrum属の方) 切り花進行中  アルストロメリア 圃場

切り花用のアマリリス(Hippeastrum属の方)です。
以前とは別のハウス内の様子。(ここはめったには入れない場所なので貴重かも)


赤系があれば白系も欲しい訳でして、あります。



秋から何度もフライングしてきたパピリオですが、そろそろ通常のお目覚めが
始まりつつあります。



こちらは赤黒系の一重大輪。(白は別品種)



仕分け中と、たまたま右は半端(規格外)で開いていた物があったので撮影。
(明るく写り過ぎて良さが出ていませんが、朱赤色ではない赤~赤紫系の色です)




アルストロメリアも日々咲いて切って出荷中です。





光の具合で本当に表情が変わります。


水揚げ中。


                                昨日は曇って割と寒かったのですが、ヒバリの高鳴きを初確認。
                                でもまだ高度は低めだったので練習中?      (担当・IDU) 

2018-02-17 08:33:07

コメント(0)

ラケナリア ペルシー ムタビリス コンタミナータほか レオントキール チャスマンテ

切り花のラケナリア・ペルシー(Lachenalia peersii)です。



実は当園でこれの白花が出現しました。出荷しています。

なんだかおいしそうに見えます・・。


一番上のペルシーを見て、ラケナリア・ムタビリス(Lachenalia mutabilis)と
区別がつかなくなった場合の参考に・・。

これがムタビリス。(あと幾つかこういう渋い系の原種があり・・準備中のサムネイルだと区別がつかなくなります)


当園で普段「白花」と言えば、このコンタミナータ(Lachenalia contaminata)。



鮮やか系のラケナリア・オーレア (Lachenalia aloides var. aureaでしたが現在Lachenalia flava)



そして定番中の定番、代表種のラケナリア・コードリカラー(クァドリコロル、Lachenalia quadricolor) 。

左画像のように蕾のうちに真上から見ると、濃オレンジ(赤)一色のようにも見えます。


オレンジ系つながりでレオントキール。(Leontochirは現在,Bomarea ovallei)

大きいので水揚げ場所はほぼ固定。なので周囲のポンプや蛇口ももれなく写りこむ・・。


そして本数があまりないチャスマンテ(Chasmanthe bicolor)もありました。

異名のアンソリザでも呼ばれることがありますね。
(どっちにしても読み難い属名ですが・・)

 
               昨日の暖かさがまだ残って、今朝も楽です。段々気温や天気の変化が大きくなってきました。(担当・IDU)

2018-02-16 08:37:00

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5