top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ベッセラ・エレガンス 生育中 ベラドンナリリー 休眠開始

夏の切り花向けのベッセラ・エレガンス(Bessera elegans)。
先行植え付け組は大分葉が伸びてきました。

あ・・手前に蕾が来ていますが、この1ケースは増殖中なので例外(肥培中の非売品)。

 一方で、通常のシーズン植え付け分はやっとセッティングが終わって水やりを開始したところです。

これじゃラベルを見ないと何が植えてあるのだか全然不明。
ちなみに右の茂みはアマリリス(Hippeastrum属)、左はクンシラン(Clivia属)


そしてこちらはアマリリス。(本来のアマリリスなのでホンアマリリスとも呼ぶ)
ベラドンナリリー(アマリリス・ベラドンナ、Amaryllis belladonna)です。

そろそろ日当たりや風当りの強い位置(手前側)から休眠に入り出しました。
これからしばらく全部枯れるまで見た目の悪い時期が続きますが、大量にあってもハウス内なので問題なし。
(この密度でもし露地だったら雨で蒸れて大変)
画像では小さく見えますが、高さは1.5mぐらいと大型。 (垂れた葉先を伸ばしたら2m近い)

この夏植え向け球根販売と、初秋の綺麗な切花の時期は宜しくお願い致します。


オマケの咲き残っているアルストロメリア。

にしてはまだ結構元気なレーンです。


                                  今日もどよ~んと曇って時々にわか雨の空です。(担当・IDU)
 

2017-06-27 08:30:40

コメント(0)

グロリオサ生長中 バルビネラ休眠 レオントキール結実中

バルビネラ(ブルビネラ、Bulbinella属)ほぼ乾いて味付けしたタタミイワシみたいになりました。

低そうに見えますが1mぐらいあります。
パリパリに乾いてはいますが、ネット3段に絡んでいるのでそれなりに回収は大変。
ハウス内で雨が当たらないからできる事ですが、強い日差し除けと地温上昇を防ぐため当分このままです。


これはレオントキール(Leontochir、現在はBomarea ovallei)、結実が大分シッカリしてきました。

薄茶色なのは元の赤い花弁。すっかり干からびていますが落ちません。


夏向けの物では12日記事でチラホラ生えてきていたグロリオサ(Gloriosa属)。
葉先の巻き巻きも元気に育ってきています。



                            昨日ほど蒸し暑くないですが、いつ降ってもおかしくない空模様です。
                            週後半の予報は晴れて30度予想が連発が出ました・・。(担当・IDU)

2017-06-26 08:28:31

コメント(0)

最近の様子 2 パラモンガイア休眠色々 クンシラン結実中 イキシア、リューココリネ堀り上げ

パラモンガイア(Paramongaia weberbaueri)、休眠スタートの色々です。開花球ほど生育と休眠がスパッとしている感じです。
(実生から開花まで10年ぐらいかかります)

左・とっくに熟睡な開花球(親球)。中・開花見込みランク(まだやる気なのもいる) 右・実生はまだ元気一杯で寝る気無し。

 
他では黄花クンシラン、結実が進んでいました。

(出荷株ではないので、強風時の砂埃が葉についたままになってますが・・)


色々堀り上げ中です。これはイキシア。(確か原種の一つだったかと)

細かい小球が付くので、後で大事に選り分けて開花球まで育てます。

こちらはリューココリネ(レウココリネ、Leucocoryne属)。 大体はコロンとして作業しやすく可愛い。
(種や品種の差で、開花見込みサイズは多少異なります)

共に秋植え球根販売時にはよろしくお願い致します。

オマケ。まだ意外と咲いているアルストロメリア。



       昨夜から一段と蒸し暑いままで朝方から雨になりました。梅雨らしい天気ですが、ジメジメ・・。(担当・IDU)

2017-06-25 08:52:49

コメント(0)

露地のツルウメモドキが結実中 ブルメナビア結実中 リコリス堀り上げ中

昨日、園内のお庭エリアで見かけたこれ。ツルウメモドキがいい感じに結実していました。

枝物生産用ではないので、葉に虫喰い後や傷はありますが、無農薬です。
どういう枝姿になるかは切ってみないと分かりませんが、ご興味があればお問い合わせください。


ほか園内ではブルメナビア(Eithea blumenavia)、早い株では結実が始まりました。

(開花の記事は12日)

販売用のリコリス(Lycoris属)の球根もそろそろと堀り上げ中です。

夏~秋植え球根なのでまたよろしくお願い致します。

これらは露地の畑で育成中のリコリス。もうぐっすり寝ています。



オマケのアルストロメリア。晴れた日中は遮光カーテン作動が普通の時期になりました。
(切花用のメインシーズンは終了していますので咲き残り状態)


            
          すっかり蒸し暑くなって寝苦しくなりました。今朝は曇り空で天気は下り坂の模様です。(担当・IDU)
 

2017-06-24 08:32:09

コメント(0)

蒸気消毒 その2 アガパンサス生育中

時間もコストも手間もかかるハウス内の蒸気消毒、順に進んでいます。
これは先日(21日)のその後。

左は温度が下がるまで放置中。右側を次やるので耕耘して溝切りして下準備中。

で、土壌を消毒しても、上に敷いていた防草シートをそのまま再び載せたんじゃダメですよね。
なのでまず高圧洗浄。(左画像の奥からスタート中。だから手前は土が付いてます)

この後、パイ生地のようにS字orZ字状に折り重ねて畳み、育苗に使ったコンテナやポットなどと同様に
これも蒸気消毒します。(ロール巻きしたら楽ですが、内側の温度が上がらなくなってしまう)。
毎年のハウス衣替え、みたいな感じです。


こちらはこれからシーズンの切り花用の露地のアガパンサス(一部は右のようなポット苗もあり)

右のポット苗のように極たま~に斑入りが出ますが、安定してくれません。

早い所は花がほころびだしています。



オマケ。
まだ咲いているアルストロメリアから一枚。

今出ている花茎以外は日に日に休眠が進んでいます。


           昨日から随分と蒸し暑くなってきました。夏至を過ぎたので当然と言えばそうですが・・。(担当・IDU)
 

2017-06-23 08:15:25

コメント(0)

最近の様子 1 バルビネ(ブルビネ)の苗 ツルバギア実生 ラケナリア堀り上げ 

切花が一段落したので、他の様子をご紹介します。

ラケナリア(Lachenalia属)の堀り上げ後半になりました。

細かな品種は混入防止に各ネットに。

ズラッと各種、各品種が色々。

一番下のケースは空間・通風の保持用で空です。夏の間は涼しく休ませます。
早い種は秋咲きなので、またポット苗など宜しくお願い致します。


 ツルバギア(Tulbaghia属)の実生も大分動いてきました。

こうして交配や次世代の維持も地味に続けています。


これは多肉のバルビネ (ブルビネ・フルテスケンスBulbine frutescens)です。
ポット苗が順調になってきました。 後は出荷待ちです。


アルストロメリアは切り花終了とはいいつつ、休眠株が増える中まだポツポツと咲いています。
「終わりです」といいつつまだ出せたりするので、最終選抜後に半端になったのがバケツにこうなります。
(本来は長さと品種別に必要本数を考えながら取ってくるので、端数が出ないのが理想ですが
多少の誤差は出ますので・・)

豪華なミックス花束状態。
後でこれらは園内各場所の花瓶に活けたりします。(短くグラスブーケ風なども)


                昨日は夜までよく降って・・今のところ曇っていますが、まだビショビショで蒸し暑いです。
                畑のアガパンサスがまだ開く前の大雨で助かったのかも。           (担当・IDU)

2017-06-22 08:15:10

コメント(0)

圃場内の蒸気消毒が始まりました ペッパーバルーン生長中(出蕾確認)

園内は無農薬で作っています。堀り上げで移動した場所はしばらく空くので
蒸気消毒をします。(レーンごとに順にやっていきます)
飛んできた雑草の種も枯らせますしね。

高温の蒸気を送る頑丈なパイプ。直径100ミリの大物。ジョイントも素敵~。
伸びて設置してあると丁度ニシキヘビの感じかも・・。

な~んつってたら、出ました。(苦手な方もいるので最少サイズ)

アオダイショウの脱皮後の皮。普段、人の気配のする所では見ないので珍しい。
農薬散布しないから球根を齧る野ネズミ(体長3~5センチぐらい)もたまに出るので、
当然捕食に来ますわな。(マムシは出たら困りますが)

この日は農場長曰く、「さっき圃場の畑をキジが歩いてたよ」・・ん~。撮りたかった。
運転中とかカメラを持っていない時は何度も見ているのですが。


農薬散布なら安くて短時間で強烈に効くのでしょうけれど、
手間と時間をかけて(正直機材の設備投資が一番イタイのですが)やります。

掘って均して密封して・・。
撮影していてフト・・。この長くて重いレール鋼材、数人で画面左側から運び込むのはヨシとして、
どうやって直角にターンして置いたのだろう??

温室内はハクセキレイなどの小鳥たちが、雨宿りだけでなく巣をつくる事があるぐらいの良い環境なので
手間はかかってもこの方法で行きます。

ほか、夏~秋もののバルーンペッパー(確か販売ラベルはペッパーバルーン)。

生長点付近に仁丹ぐらいの蕾が見えてきました。
なんだかこの状態だとヒマワリの苗っぽくも見える・・。そろそろ最終鉢上げの段階です。

オマケ。この数日でトンボが増えました。

こういう益虫も一杯飛んできてくれます。 (リラックスし過ぎて逃げない。30㎝以内の近影)
撮れませんでしたが、シオカラトンボも発見。

オマケ。切り花は終わりと言いつつ、まだ結構咲いているアルストロメリア。

(周囲の葉がスカスカや枯れが見えるのは徐々に休眠に入ってきているからです)


    まだ小雨ですが予報通り降ってきました。凄く激しい所もあるようで、さすがに今朝は体調不良・・。(担当・IDU)

2017-06-21 08:59:24

コメント(0)

アルストロメリア 色々 5(終) 品種物

撮影できたアルストロメリアの品種は、これでひとまず終了です。
(切り花の出荷もほぼ終了しています)

「ショコラオレンジ」


「ショコラローズ」


(スレス)「ペールピンク」


「淡ピンク」(これまた見たままですが)

ベースの色味は似ていても、スポットの有無で随分雰囲気が変わります。
以上、来季の花の参考になれば幸いです。


オマケ。他のアルストロメリア(主にカリオ系)、数日前の切花の水揚げ中の様子。

 

          今朝は爽やかに晴れましたが、明日からはいよいよ本格的な梅雨空になりそうです。(担当・IDU)

2017-06-20 08:25:46

コメント(0)

アルストロメリア 色々4  スポットレス(スレス)など

アルストロメリアのスポットレス、園内では略して「スレス」と呼んでいます。

「イエローシェイド」


「テスティピンク」


「ホワイト」


「アプリコット」

(この時期に咲かれると、個人的には枇杷の色に見えてきます・・)

切花中だった頃(と言ってもほんの数日前です)


日によっては殆ど通常の切花出荷が無くなる時期になっています。
あっという間に梱包終了。

最盛期は見えているグレーの床が全部埋まる勢いでした。
夏物が揃うまで切花は少しお休み状態です。


              昨日は午後から久しぶりに房総半島は雨らしい雨がシッカリ降りました。
              昨夜遅くからは北風の吹き返しが凄いです。冬の季節風の音になっている・・。(担当・IDU)

2017-06-19 08:32:43

コメント(0)

アルストロメリア 原種その2(終) バーシーカラー エクセレンシー インカルナータなど

撮影できた原種これでひとまず終了です。

英語圏でのやり取りの関係で、普段エクセレンシーと呼んでいる(エクセレンス、Alstroemeria exserens)。

園内ではただのインカルナータで呼んでいますが、リグツ・インカルナータ(Alstroemeria ligtu subsp. iarnata)。


これも園内は英語読みが基本なので、アルストロメリア・バーシーカラー
(ヴェルシコロル、ウェルシコロル、Alstroemeria versicolor)

小輪です。咲き進むとオレンジが濃くなるので、2~3色咲きに見えてきます。 
青白く細長い葉、前面に散るスポット、なかなか思いつかない草姿の組み合わせな花。

アルストロメリア・ディルタ(Alstroemeria diluta)。

 バーシーカラーよりは大輪ですが一般的な花から見ると一回り小輪。これまた青白くより一層細い葉。


ほか、圃場ではバルーンペッパーに蕾が見えたり、バルビネ(ブルビネ・フルテスケンス)の
ポット苗用の生育が揃ってきました。

              
                     そろそろ梅雨らしい天気かもしれません。湿度が上がって朝から曇っています。
                     (実は3日ほど前から頭痛祭り開催中~。まだ暑くないだけいいかも)(担当・IDU)
 

2017-06-18 08:32:04

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5