top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

秋物切花 2 ベッセラ リコリス ペッパー出荷可能 チューベローズ終了(一重の黄色)

出荷が撮影できた物たちです。スリーブが光って見辛くてすみません。

ベッセラ・エレガンス(Bessera elegans)。(この時は基本のオレンジ以外)



左、リコリス(Lycoris属)、右はツルバギア(Tulbaghia属)。



左は圃場でのキルタンサス(昨日記事の一枚目画像と同じHyb.)。
しかし右のチューベローズ(黄色の一重)、14日記事で圃場が撮影できたと思ったら
昨日現在ですでに終了との事。元々数は少なかったのですが、出荷はほんの一瞬でした・・。

でもチューベローズ自体は定番の白の八重咲きと、ピンク系の出荷がこれからあります。 


情報・バルーンペッパー、実が摘めるようになりました。一度に何十個とか無理ですが出せるそうです。
お問い合わせいただいた方が確実だと思います。(昨日撮影の状態)



       徐々に暑さが戻ってきましたが、結局昨日も午後から何度かにわか雨、今朝も曇り空です。(担当・IDU)

2017-08-19 08:09:31

コメント(0)

秋物切花 1 キルタンサス(バロータンサス) ミラ・ビフロラ アガパンサス

久しぶりに切花作業中に出くわしたので幾つか撮影できました。
それぞれ少量ですが色々と出始めています。

左キルタンサス(キルロータなどで流通のHyb.)、右は今の時期にはイレギュラーなアマリリス(Hippeastrum属)。



これは浦部農園さんでのディスプレイ。(白い壁がニュートラルグレーに映る光量不足・・)

左からキルタンサス(Vallota属はCyrtanthus属に) のHyb.、 夏咲き系のアマリリスHyb.(Hippeastrum属)、
黄色がチューベローズのゴールデンイエロー、 右端にグロリオサ。 


出荷直前の左、ミラ・ビフロラ(Milla biflora)、現在キジカクシ(クサスギカズラ)科。
右はアガパンサスの(Agapanthus属)、現在ヒガンバナ科。青系の花(小型のブルーヘブン)



                       ようやく今朝は薄日が差す天気です。昨日も30度行かなかった・・。(担当・IDU)

2017-08-18 08:08:06

コメント(0)

秋植え球根出荷中 16(終) アルストロメリア ショコラオレンジ ショコラローズ ベッセラ切花中 

多分これで撮影できたパッケージは終了です。(取りこぼしが多々あります・・)
アルストロメリアの当園作出スポットレス品種から、ショコラオレンジとショコラローズ。

どっちがいいか、と言われるとどっちも良い花です(笑)。


ついでに、アルストロメリア・ペレグリナのロゼア(Alstroemeria pelegrina)、
8月4日に黒いケースの中でちゃんと撮影できなかった分のパッケージを貼り直しておきます。
(搬出直前で見えた)

一般に言うアルストロメリアらしい姿の大元な感じがします。これで原種。
以上パッケージの店頭秋植え販売シリーズ、よろしくお願いいたします。


これは今季の切り花シーズンは終了していますが、
園内で鑑賞用植栽の巨大なユーコミス(Eucomis属、パイナップルリリー)。
あまりに立派だったので撮影。

花茎長が1m越えて巨大化。お前はエレムルスか、という感じです。
(ズ~ンとかなり下まで長く咲いているのですが、さすがに下半分はオシベが落ちて緑色花状態)


ハウス内では徐々に切花が増えつつあるベッセラ・エレガンス(Bessera elegans)。

相変わらず撮影に行くのが日々の切り花採取後なので、基本の濃オレンジ花が撮影できずにいます。
(多分いつも出荷準備が済んで梱包済み) 
ちなみに右画像のようにオレンジ系には(ピンク系にも)淡い色が数段階あるので、
基本の濃いオレンジ花は区別するために「赤」と呼んでいる場合があります。
 


                             本日も小雨と曇りです。このところずっと秋雨の9月下旬の感じ。
                             流石に日照不足と低温の影響が心配になってきました。(担当・IDU)

2017-08-17 08:35:19

コメント(0)

秋植え球根出荷中 15 アルストロメリア シンプルローズ シンプルパール リコリス開花

(三宅花卉園は本日までお休みです)

当園のアスルトロメリア、スポットレスで作出の品種としては丸弁の2品種。
シンプルローズとシンプルパール。

スポット(斑点、筋)が無い上に内花被に丸みがあるので、花のアップだけだとアルストロメリアに見えないかも。


こちらは露地の畑にポツンと咲いていたリコリス(品種物)。

畝単位でわんさか植わっているはずなので、(左画像で薄ら斜めに浅い畝の凸凹がわかるかと)
多分この子が先行しただけでしょう。(リコリスは切り花でも出します)
少し前まで球根出荷準備で色々堀り上げたのが、ケース内にゴロゴロしていたのになと思います。


オマケ。非売品ですが咲いていましたので。(本当は朝一番の開花直後ならもっと綺麗だったのですが、
昼ごろだったのですでに褪せています)

ヒガンバナ科らしい姿ですね。Ammocharis coranicaでした。
(属名のカナ読みはアンモカリスが多いでしょうか)


         引き続き、当地は雨が降ったりやんだりです。今朝は大分涼しいので25度行かないかも?(担当・IDU)
 

2017-08-16 08:30:18

コメント(0)

秋植え球根出荷中 14 アルストロメリア レッドシェード オレンジシェード クリナム開花

(三宅花卉園は16日までお休み中です)

アルストロメリアのシェードシリーズの続きです。左レッドシェード、右がオレンジシェード。

赤やオレンジはハッとするような鮮やかさを見せてくれます。


園内での他の切り花、ボマレア・エデュリス(Bomarea edulis)、咲いていたら切る程度の少量レア品です。
優しい色ですがツル性のアルストロメリア科、姿は個性的です。

昨日記事のチューベローズを載せた時と同じ日の撮影なので、
試し切りした黄花の一本が同じバケツに入っています。
(先にチューベローズだけ水揚げ中を撮影した後、一回りして戻ってきたらコレが追加してあったので撮影)


こちらはクリナム・ゼイラニカム(クリヌム・ゼイラニクムCrinum zeylanicum)が開花しました。

開花時間は日没後頃~花の見頃は朝の内なので、朝一番でないとなかなか綺麗な花が撮れないのです。
すでに昼近くで、開花直後の艶照りのある花色から思えばとっくに色褪せていますが・・。
曇りがちで気温が低めだったので何とか撮影できました。(膨らんでいる3輪は、撮影日の夜に開花分)

見頃の頃は蕾の艶テカで鮮やかな色が花の内側にもあった、と思っていただければほぼ本来の花色です。
順次実生増殖中ですが、開花サイズの株がやっと増えてきました。
 
あと1~2年で開花見込み程度が数株あります。
ご興味があればお問い合わせください。


                               昨日は曇り時々雨、今日もそんな感じになりそうです。
                               そろそろ地元地域は早生の稲刈りなのに乾きません。(担当・IDU)
 

2017-08-15 07:30:15

コメント(0)

秋植え球根出荷中 13 アルストロメリア ローズシェード ピンクシェード チューベローズ切花

(三宅花卉園は16日までお盆休み中です)

アルストロメリアのリグツ種から
当園の品種物の2つ。ローズシェード ピンクシェード

細身のリグツの特徴がよく出ています。(白花は昨日11日の記事のホワイトシェードがあります)


一方、そろそろ晩夏から秋組の切り花が始まっています。
露地の畑ではチューベローズの花茎が動き出しました。
先行して黄色の一重の花が咲きだしましたので、一本試し切り。(ゴールデンイエロー)


畑だとこんな感じです。

薄曇りで白とび気味に写っていますが、上のバケツ画像のようなクリームイエローの花です。
まだそんなに無さそうなので、切り花の出荷数は少ないと思います。


こちらは定番の白~桃色系の八重咲き。これから蕾が綻びだします。

露地なだけに猛暑と先日の台風の雨などで随分と葉はブサブサですが、花茎は綺麗です。

このチューベローズ、Agave polianthes(異名Polianthes tuberosa)、
現在APGⅣ(実質Ⅲの時点で)キジカクシ(クサスギカズラ)科になりました(旧アガベ科)。
以前属名がポリアンテス属→アガベ属でアガベ科になってビックリしただけでなく、今度は更に
アガベ属自体がキジカクシ(クサスギカズラ)科に変更になったという、何度引っ越しするんだか・・。
未だに野生種が知られていない(存在しない?)由来不明で不思議な植物です。


オマケ。非売品ですが、平尾先生由来の株が開花していましたので。

ポット育苗(4号)ですが、倒れると困るので空鉢で支えています。
ブーファン(ブーファネ、Boophone disticha)でした。


                              薄曇りです。予報だとしばらく雨がちな関東のようです。(担当・IDU)

2017-08-14 08:14:00

コメント(0)

秋植え球根出荷中 その12 アルストロメリア スィートオレンジ テスティピンク  ペッパー

(三宅花卉園は16日までお休みさせていただきます)

アルストロメリア、当園作出スポットレスのシリーズから、
スィートオレンジと テスティピンクです。

(置き場が暗めなので、少し白とび気味です)


こちらは圃場の色づきだしたバルーンペッパー。以前(7日記事)より更に進んできましたので、
そろそろ摘めそうです。(一度に数は出せないので、お問い合わせいただいた方が確実です)

 

ほか、圃場では秋の準備中が着々と進んでいます。

左、おニューなシートは良いですねぇ・・。幾ら高圧洗浄をかけても経年劣化で限界がありますから。
右は順に植え付けが済んだアルストロメリア。生育状況でそれぞれ遮光の養生をしています。


オマケ。一本だけあったイレギュラーなアマリリス(Hippeastrum属)。
梱包前のテーブルの上にあったのを撮影したので変な形に写っていますが綺麗でした。


情報・少量ですがチューベローズ(一重のゴールデンイエロー)、リコリス、ミラ・ビフロラ
切花が始まりました。

                                 今朝は久々に晴れてきたので30度越えそうです。(担当・IDU)
 

2017-08-13 07:37:30

コメント(0)

秋植え球根出荷中 その11 アルストロメリア スィートイエロー テスティホワイト

(三宅花卉園は13日から16日までお休みさせていただきます)

アルストロメリア、こちらの二つも当園作出のスポットレスのシリーズから
スィートイエロー とテスティホワイトです。

(出荷が進んでいるので、そろそろ他のパッケージ撮影は無理かな・・)


切り花専用の品種たちは殆ど休眠せずに動きが早いものが多いので、
順にタイミングをみて植え替え・植え付けが進んでいます。(覆土の直前)

(あ、足先が写りこんでた・・でもケースの大きさ参考になりますか?)
もうすでに芽が動き出していて、この後ワショワショケースに目一杯茂ります。
この品種は割と纏まって球根の本数が増える方です。

同じアルストロメリアでも他の堀り上げ中の姿。

うどん・焼きそば系の代表格の品種。球根と言うより長い多肉根に近いです。
でも花は優しい上品なピンク色だったりします。折らないように掘るのは一苦労。
(芽が無事なら、細いのは多少折れても平気)


                  東日本は低温注意報が出そうな勢い?今朝も明け方から当地は雨です。 (担当・IDU)

2017-08-12 08:44:04

コメント(0)

秋植え球根出荷中 その10 ホワイトシェード パープルエッジ 内緒のグロリオサ

(三宅花卉園は13日から16日までお休みさせていただきます)

これはアルストロメリアの品種物。左は「ホワイトシェード」、右は当園育成の スポットレスから「パープルエッジ」

リグツのシェード名シリーズは他にも幾つかあるので、パッケージが写せたら貼りますね。


そして・・これは「内緒の」グロリオサ。
結実中ですが実生増殖中でまだ出せない物です。 (何年か先には切花で出すかも・・)

まだまだ小さいですが結実の形が可愛い~。(枯れた状態からも分かるようにこれも小輪系)


こちらの通常のオレンジ花。切り花で採れる間は続きます。


 
      熱帯夜脱出、明け方からは霧雨が降っている当地です。この時期に北東の風とは珍しい・・。(担当・IDU)

2017-08-11 08:45:32

コメント(0)

秋植え球根出荷中 その9 パーペルクラ ディルタ  ベラドンナリリー枯葉取り

追記・三宅花卉園は13日(日)から16日(水)はお盆休みをいただきます。宜しくお願い致します。

この2つもアルストロメリアの原種です。
左、パーペルクラ(パウペルクラ、A.paupercula)
右ディルタ(Alstroemeria diluta)

パウペルクラは大輪で個性的、ディルタは小輪で葉も細く楚々とした雰囲気です。


これは7月28日記事(左側)では、巨大なカンピョウの干場のようだった アマリリス・ベラドンナの
ベラドンナリリー(Amaryllis belladonna)の枯葉の撤去が始まりました。

(昼休みになったので一旦作業は中断~)
例年より早いような気がしますが、丁度撮影時は少し気温が低めだったので
猛暑下の作業より今のうちって事だったのかもしれません。 

これは別のハウスでのレーン。この長い枯葉の山、杉の枯葉同様に焚き付けには有望かもしれない。
(アルストロメリアの枯れ茎葉(2日記事)も、その点は抜群かも)

せっかく長いのでラフィアみたいに使えたらいいのですけどね。


オマケ。これはグラジオラスの球根の一つ。(春咲きの系統にしては大きい)
着々と春咲きの切り花用の秋植え準備も進んでいます。
これは立派なのが2球くっついているのですが、植え付けまで無理には外しません。

(ん、指の開く位置がバルカン人になりかけている)球根に長寿と繁栄を。


                    明日は「山の日」ですか?明日からお盆休み突入の人も多そうですね。(担当・IDU)

2017-08-10 08:39:41

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5