top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

秋咲きのグラジオラス  交配中のオーリカム

秋咲きのグラジオラス(Gladiolus prioriiやそのHyb.)達の切り花です。

この花もシーズン物なので、パタッと終わってしまったりします。


朱赤色繋がりで。見ている分には凄く綺麗な
交配中のオーリカム(アウリクム、Hippeastrum aulicum)。

(花粉を付ける担当は真剣・・)
こちらの纏まったピークは越えましたが、切り花は続いています。


       昨夜は冷え込み、一晩中4度台でした。今朝も曇って陽射しがありません。
       頭痛祭りは昨夜でやっと終了したようなので露地畑の様子など見にいけたらよいのですが。(担当・IDU)

2018-12-10 07:47:18

コメント(0)

アルストロメリア 切り花向けの開花 その2(終)

アルストロメリア(Alstroemeria属)、咲きだしてきた切り花向けの続きです。

出荷できる花は全開前に切るので、普通ならこんな風に圃場で満開の撮影は殆どない。
今の時期はまだ本数が採れないので、株の状態確認を兼ねて咲かせっぱなしだから割と撮影できます。

ほかに咲いている場合は、品種選抜中や交配用、カタログ撮影などの予定で採らない花か、
出荷基準外の花(丈の長短、輪数の多少、全体のバランスなど)。
なので現実に出荷されている花は、圃場撮影の画像より状態は良いとお考え頂ければと
思います。


こちらは説明不要な?「ウーパールーパー」。


天気予報は連日快晴のはずの当地ですが、時々時雨模様なドンヨリ天気が続いています。
(沿岸部が近いので雲が出やすい)

●再掲・花卉園は年内29日(土曜)午前中で終了、来年の開始は4日(金曜)です。●


                    不安定な天気もあって頭痛祭り4日目突入。一緒にお腹も壊れた・・。(担当・IDU)

2018-12-09 07:50:35

コメント(0)

アルストロメリア 切り花向けの開花 その1

アルストロメリア(Alstroemeria属) 切り花向け品種が
ポツポツと増えてきたので撮影。

まだ輪数の少ないのもいますが。

少しずつ本数が採れるものから出荷しています。

早くから咲いてくれる「ピッコロイエロー」。(小輪多花性)


本格的に寒くなってきました。

                         今朝もドンヨリして寒いです。ヒヨドリの声だけが元気です・・。(担当・IDU)

2018-12-08 08:17:43

コメント(0)

リューココリネ グリーン花  ツルバギア

リューココリネ(レウココリネ、Leucocoryne coquimbensisの園内品種たち)、
ここは白花の「ディーセント」。


ほか、段々咲きだしているブルーからパープル系の一部。


そして5日の記事で咲きだしたと情報だけだした、当園のグリーン花。(緑花というかなんというか)
切れ始めました。

但しまだ増殖しながらの切り花なので出荷数は限られます。


こちらはのちの主力世代となる実生の発芽も本格化。

でも芽生えの姿は本当にネギだなぁと毎回思います。
分類上は一時ネギ科だったのも納得ですが、
現在APG4でヒガンバナ科・・まだ馴染めない。


これも現在はヒガンバナ科繋がりで、ツルバギアの切り花。
(Tulbaghia fragransで普及しましたが現在はTulbaghia simmleri)

(濃色、淡色、白と3色ありますが、その時によって変動します)


        一旦雨は上がりましたが、今日もドンヨリで降りそうな空。おかげで昨夜から頭痛祭り開催中。
        昨日から寒いので神経痛もシーズンイン。このところ病気の見本市になっています。(担当・IDU)

2018-12-07 08:13:44

コメント(0)

冬咲きのトリトマ(クニフォフィア) クリスマスチアー   アルストロメリア

トリトマと言った方が早いかもしれないクニフォフィア(Kniphofia属)
切り花そろそろピーク。(右画像のようにまだ花茎は上がってきていますが天候次第)

今年は11月から異常に暖かいので順調ですが、さすがに今朝から下がってきました。
急に強い霜や氷点下が来た場合は打ち止めになります。


こちらのアルストロメリア(Alstroemeria属)は
露地で耐暑・耐寒試験などを兼ねてポット管理している場所。

この数日は今朝も含めて夜中から明け方に雨が多いので、朝イチだとこんな感じで綺麗。
急な冷え込みでこのまま凍ってたら怖いですが(氷点下の朝はあるある)。
 
例年ならとっくに冷え込みが厳しくなる時期なので
温室内の保温・暖房作業がすっかり終わっていました。

(このハウスでは中央を分断するようにセット)


              今降っているのは関東ぐらい?明日ぐらいから本当に寒くなってきそうです。(担当・IDU)

2018-12-06 07:58:16

コメント(0)

リューココリネ 切り花中

リューココリネ(レウココリネ、Leucocoryne coquimbensis 当園育成の品種)たちですが、
左画像に一本別種が紛れ込んでいるので・・。(右画像は全部「ディーセント」)


赤と紫色の花は圃場だとこんな感じのLeucocoryne purpureaでした。
(園内ではプルプレアではなくパープレアと呼ぶ事が多い)

まだ数が少ないですが、そのうち増えてくると思います。


これも原種(Leucocoryne narcissoides) 
摘んできてドカッと置いたばかりの状態。これから仕分けます。

(作業場なので、周囲の作業道具などは見えない事にして下さい)

情報・まだ切れだしたばかりですが、リューコのグリーン花(中央が緑の白花)も咲きだしました。


                          昨日の当地は24.8度、惜しい、どうせなら夏日で記録を・・。
                          体調が狂って昨夜から結膜炎・・やっと喉が治ったと思ったら。(担当・IDU)

2018-12-05 07:56:14

コメント(0)

アルストロメリア その2(終) 種まき ポット苗 作業進行中

アルストロメリア(Alstroemeria属)、以前からの定点撮影場所。

種まきが済んだ場所は養生シートが掛けられました。ここは全域の半分ぐらい。
(小さく見えますが1ポットは6号)

先行した部分は発芽確認ができたので養生シート外し。

(同じく一つ6号ポット)


こちらはポット苗むけの作業が進行中。



切り花の方では、そろそろ斑入り(白斑)がグリーンというか葉物として
出るようになりました。



別件。ハウス内に新しい作業機械が登場。ピカピカで嬉しい。

(必ずオイルを入れてから作動させるように、と
メーカーさんの注意ラベルが元々あるのがなんとも)

●●忘れないうちに年末年始の休業予定●●
29日(土曜日)は午前中で終了、
翌30日から1月3日まで休業、
4日に始業の予定です。


                                                     このところ夜中に雨が降りやすくて変な感じです。(担当・IDU)

2018-12-04 08:15:33

コメント(0)

アルストロメリア その1 切り花と圃場

アルストロメリア(Alstroemeria属)、この日あった切り花の一部。

(左の黄色小輪は割とよく咲くので早くから出ています)

圃場は咲いてもまだ切るには輪数が少なかったりでチラホラ程度。

でも順調に増えつつあります。

(上の笹葉で黄色花は、一枚目画像の早咲き小花品種なので順調に蕾が上がっています)



 ポット苗販売向けも作業は進んでいますが、
まだ殆どが発芽しているかどうか程度です。


                     予報通り夜中は雨になりました。なんとも天気の変動が激しいです。(担当・IDU)

2018-12-03 07:48:57

コメント(0)

ラケナリア・ヴィリディフローラ その2(終) 切り花の圃場とポット苗

切り花中の圃場、賑やかになってきました。



ポット苗で出荷予定の分。 左は生育段階。

蕾が出た順に揃えて右のように出荷となります。
他の品種もありますが、一番早いのは晩秋~初冬咲きになるこれだけです。

他のポット苗は春咲きなので、まだまだ生長が始まったばかり。

直接見るならまだしも、葉の雰囲気はどれも同じように見えてきますが・・。(左右で品種が違う)

もっと顕著に違うのもいます。

五葉松の先端だけブッ挿したようなのは原種のコンタミナータ(Lachenalia contaminata)。
毎度この種小名は気の毒に思えますが、花はラケナリア属にしては珍しい白系なので嬉しい。

開花イメージ参考に貼っておきます。

(3月中旬ごろ)
 

           ドンヨリ曇っています。今週はほぼ曇り一時雨みたいな予報に変わってしまいました。(担当・IDU)

2018-12-02 07:48:56

コメント(0)

ラケナリア・ヴィリディフローラ その1 切り花開始

先日(26日記事)で出蕾を載せた
ラケナリア・ヴィリディフローラ(Lachenalia viridiflora)が切れ始めました。


こちらは他のHyb.で同時期に切れ始める品種の「あずき」。




 これも秋~冬咲きの血が入っているので、そろそろ切れるようになると思う朱赤色のHyb.品種。


ラケナリアは、ポット苗も順調に生育や出荷が始まっています。


                                                  12月ですね・・はぁ・・。(担当・IDU)

2018-12-01 07:45:32

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5