top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

アルストロメリア 一部切り花開始 ポット苗準備進行中 原種アキラエ 出葉

アルストロメリア(Alstroemeria属)がチラホラと。


圃場も大分茂ってきました。


ポット苗も作業が進んでいます。


切り花もチラッと切れ始めました。(まだまだ様子見程度)

(小輪のピッコロイエロー)


気難しい原種も少しずつ動き出しました。

これはアルストロメリア・アキラエ(Alstroemeria achirae)。
2000年登録だったと思うので、まだまだよく分からない植物かも。

情報・ネリネのボーデニーが切れ始めました。


                      昨夜までの雨が止んで・・晴れましたが予想通り寒くなってきました。(担当・IDU)

2018-11-14 07:45:24

コメント(0)

クリビア・ガルデニー 出蕾 少量切り花   リューココリネ ツルバギア 切り花

クリビア・ガルデニー(Clivia gardenii)が咲きだしました。
(まだ画像中央ぐらいの出始めが多いですが)

一番右側はマツバランが同居人。販売株ではないのでそのまま植え替え時も取らず元気に居候中。

交配もしなくてはいけないので、切れる量は少しですが
クリビアは春まで何品目か切花で出しています。



こちらはリューココリネ(レウココリネ、Leucocoryne coquimbensisの当園育成の芳香性Hyb.)の切り花。

徐々に色別など品目が増えていくと思います。

これは原種(Leucocoryne narcissoides)。

種名の通り、小型のスイセンっぽい雰囲気があります。


そしてなかなか秋の花が来ずに一時はスッカラカンだったツルバギア、
(Tulbaghia fragrans は現在Tulbaghia simmleriですが、フラグランスやフレグランスで
普及しているのでラベルはそのまま)
再び少し切れるようになりました。



                昨日に引き続き曇って時々降ってくる。青空がどっかに行ってしまいました。(担当・IDU)

2018-11-13 07:44:53

コメント(0)

ハエマンサス・アルビフロス(マユハケオモト)出蕾  ボーデニーの蕾

ハエマンサス・アルビフロス(Haemanthus albiflos)に蕾が来ました。

今年はあまり出荷しないかもしれません。


先日(6日記事)に、出蕾を載せたネリネ・ボーデニー(Nerine bowdenii)も
良く分かるようになりました。

もうすぐ切れるようになると思います。


こちらは花はまだ先ですが、こちらでは略してメラスと呼んでいる
(Melasphaerula ramosa)が大分茂ってきました。

園内では英語読み的にメラスフェルラとも呼びますが
そのままカナを当てるとメラスファエルラ・ラモサぐらいだと思います。
(こういうスペルはカナ付けが厄介・・)


                               予報通りに夜明け前から何度かゴロゴロと雷雨となりまして・・。
                               数日後からガクンと冷えそうな雰囲気になりました。(担当・IDU) 

2018-11-12 08:05:11

コメント(0)

オーリカム 切り花 バルビネラ生育中

オーリカム(アウリクム、Hippeastrum aulicum)、
切り花中ですがシーズン物なので期間は短いです。

(ここも箱詰め直前の場所なので光量不足)


こちらは切り花用のバルビネラ(ブルビネラ、Bulbinella属)、
大分勢いづいてきました。

忘備録・現在ツルボラン科


オマケ。非売品ですが、ヘッセア(Hessea breviflora)が咲いていたので撮影。


情報・ハエマンサス(マユハケオモト)に大分蕾が出てきました。


              今朝はやっと晴れましたが、そうなると冷えます。例年より秋の空が不安定かも。(担当・IDU)

2018-11-11 07:54:14

コメント(0)

パラモンガイア(非売品)2輪目、3輪目 チューベローズ 秋の花残りわずか

現在は増殖中のため非売品のパラモンガイア(Paramongaia weberbaueri)、2輪目が咲きました。


右の蕾は3輪目のもの。人差し指より長いです。



切り花では、チューベローズがチラッとだけ切れたら出ています。

霜が降りる前までポツポツと数本ずつなら時々切れるかな・・という感じです。


情報・冬咲きのトリトマ(オレンジ色)蕾が上がってきました。


                      昨日に引き続きシトシト小雨です。でも一昨日は自庭でカマキリの産卵を目撃。
                      経験的に4~5日ぐらいでガクンと気温が下がってきそうです。  (担当・IDU)

2018-11-10 07:32:05

コメント(0)

カラー苗  ツルバギア植え替え  秋咲きグラジオラス生育中 一瞬の切り花デレニー

カラーのポット苗(Zantedeschia属、吹き詰め咲き)、順次生育してきています。

左から苗の生育経過。
 

こちらはツルバギアですが、Tulbaghia cominsiiのhyb.の子苗を選抜植え替え中。
こういう姿を見ると、球根と言うより多年草的だなと思います。

切り花になるのはまだ少しの話と思います。

切り花の方では・・まだ早いですが、初冬ぐらいから咲く切花向けグラジオラスが
大分茂ってきました。(左右は別品種)

(晩秋咲きの朱赤色の花が咲くGladiolus priorii等を中心にHyb.など)

参考までに、切り花時はこんな感じ。

 (11月中~下旬ごろ)

とか言ってたら、例年極少量出していると知りつつ
撮影のタイミングが無かったデレニーが写せました。
(普段入れない箱詰め作業前の場所なので光量不足)

グラジオラス・デレニー(ダレニー、Gladiolus dalenii)。
多分例年出すのは数束だと思います(これで終わりかもしれません・・)


                   何だかまた雨が多くなりました。生暖かい梅雨の様な天気が復活中・・。(担当・IDU)

2018-11-09 07:26:25

コメント(0)

ほぼ例外 パイナップルリリーに出蕾  ラケナリアポット苗生育中

実生選抜のエリアにあるパイナップルリリー(Eucomis属)が現在出蕾中。
切れるほどの本数は出ていないですが、体力のある二季咲きが安定するなら今後に期待?

忘備録・キジカクシ(クサスギカズラ)科

・・切れないはずと思っていたのですが、昨日の作業場で4本だけ発見。

今日どこかに届いていると思います。


こちらは先日(10月29日)の記事に発芽を載せたラケナリア・ヴィリディフローラ(Lachenalia viridiflora)のポット苗。
日に日に大きくなってきています。



切り花向けのエリアは一足先に大分茂ってきました。


 
オマケ。非売品ですが、たまたま咲いていたので撮影。

ストルマリア・サルテリ(Strumaria salteri)でした。


                               気温低下の寒さには体が大分慣れましたが、
                               このところ一日の中でも天気がコロコロ変わります・・。(担当・IDU)

2018-11-08 07:42:45

コメント(0)

レオントキール 生育中  アルストロメリア 一部が試し切り程度に開始

畝の間に共存しているレオントキール(Leontochir ovalleiは現在Bomarea ovallei)。
ほかのケース植えより早く動く上に大輪が期待できるので楽しみです(既に50~60cm内外)。

今年もノビノビ育てる場所ではサンドウォーム(またはデュ〇ンウォ〇ムと私が呼んでいるだけですが)
が見られるかな・・。ちなみに昨年の自生地状態エリアはこんなのでした。

のたのたのた。(12月中旬ごろ)

で、更に暴れるので蕾が出る頃には首根っこを捕縛。(1月末ごろ)


開花時の参考も貼っておきます。アルストロメリア科。

(3月下旬の切れ始める頃)


情報・3日記事でアルストロメリアの切り花はまだ先、と書きましたが
試し切り程度には始まったようです。(採れたら出せるかな、の段階)

(緑花系の「かげろい」シリーズの一つ)


                                    昨日の雨は梅雨のような蒸し暑さでしたが、
                                    今朝からは気温が下がる一方の小雨です。(担当・IDU)

2018-11-07 08:12:42

コメント(0)

ネリネ ボーデニー 出蕾  サルニエンシス 始めました

切り花向けのネリネ・ボーデニー(Nerine bowdeniiの園内選抜)に蕾が出てきました。

例年葉が大分伸びないと上がってこないので、ハラハラしますがこれで安心。

参考までに昨年11月末にはこんな感じだったので、もうすぐ切れると思います。



そしてこちらはネリネ・サルニエンシス(Nerine sarniensisの白~ピンク系選抜)。

ダイヤモンドリリーの名の方が一般には知られていますね。


今回はまだ花色確認などの段階なので、切り花に出せるのは少量になります。



                     昨日は暑いなと思っていたら24度越え。今日も今のところ暖かい・・。(担当・IDU)

2018-11-06 07:49:49

コメント(0)

オーリカム 出蕾中 パピリオは出葉中 ストルマリア 残少

秋咲きのオーリカム(アウリクム、Hippeastrum aulicumとそのHyb.)
この夏は暑かったせいか数は少な目のようですが、そろそろ切り花シーズンです。


(圃場で咲いているという事は、交配用や初花確認などの株です)
右は良い子なので札付きになりました(普通に読むと矛盾した表現ですが・・)。

Hyb.も含まれているので、花色や花茎長など個体差があります。


こちらは冬から3月頃がメインのパピリオ(Hippeastrum papilio)、1mぐらいには葉が伸びてきました。
例年晩秋頃から少しフライング開花がありますが、今年は今のところおとなしそう。

(両サイドの6号黒ポットはアルストロメリアの準備)

このストルマリア(Strumaria truncata)は後何回出せるか・・。
2回ぐらいかも。



                             当地は昨日から雲って時々雨。今日もそのまま不安定そうです。
                             15度以上あると暖かいと思ってしまうようになりました。(担当・IDU)

2018-11-05 08:10:12

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5