top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ネリネ 終盤が近し

ネリネ(Nerine bowdeniiのHyb.)は天候次第ですが
早ければ今週末か来週の前半で終了の予定です。




出荷段ボールの上穴からチラ見え。



情報・カネコさんの展示会(22-23日流通センター)は
農場長が売り子で参加予定です。よろしくお願い致します。

・チューベローズは堀り上げが始まりました。
・グラジオラス、チラホラ色が見え始めました(プリオリーHyb.切り花向け)

以下蛇足・・。
修理が間に合わない部分はビニールで仮止めしてもらったのですが、
翌日の強い風雨で外れてしまいました。
今日中に直してもらわないと土曜また雨です・・。

年内に全部直るとよいのですが。

土曜の天気が悪くなるのは
昨日の時点で空の流れがオカシイ。(下り坂は何となく察し)

色々混ざりすぎ~。(アジやサバの開きにも見えてくる)

左下に写っているのは15号でズタボロになった後、
直った作業場のポリカ屋根。


   昨夜からすでにドンヨリ当地は曇っています。明日の雨が怖い。(担当・IDU)

2019-12-06 08:38:01

コメント(0)

ツルバギア 切り花中  キルタンサス少量  ゼフィラのタネまき

小さい花ですが良いアクセントになるツルバギア。
(Tulbaghia fragrans は現在Tulbaghia simmleri )


アップで見ると意外と繊細な形をしています。(白花)

(葉が切れていますが、切り花作業の都合で刈り込んでいます)
 
切り花中(これはミックス束)。


キルタンサス(Cyrtanthus mackenii)も時々切れています。
(ただし本来の時期ではないのでイレギュラー)

(右下手前は上画像のツルバギア)



これは増殖に向けて種まき中の物から
ゼフィラ・エレガンス(Zephyra elegans)

花から見ると割と大粒で地味な種(タネ)。
球根サイズに育つまで管理を頑張ります。 


花が気になると思うので過去ログから貼っておきます。

(大体2月上~中旬ごろから切り花開始)


        地震が続きます・・。当地は1~2ぐらいで済んでいますが。
        気温も朝は5度以下が当たり前になってきました。(担当・IDU)

2019-12-05 08:33:13

コメント(0)

ラケナリア3品 開花~切り花  花付きポット苗  ネリネ

ラケナリア属の切り花シーズン開始です。
ラケナリア・ヴィリディフロラ(Lachenalia viridiflora)


ポット苗も花付き状態で出荷が始まりました。



「グリーンクラウン」



「あずき」

ポツポツと切り花の本数が増えてくると思います。
 

補足・ネリネは昨日あたりがピークで後半に入りました。



一気に減ってしまうと思うので、確実にはお問合せいただけると助かります。


          当地に限っては、晴れて穏やかに過ごせそうです。
          でも昨日から関東は地震が多い・・。(担当・IDU)

2019-12-04 08:36:32

コメント(0)

アルストロメリア カリオ系近況(花茎増加中) クリスマスチアー

気温が下がってきたのでゆっくりですが花茎数が増加中の
アルストロメリア・カリオフィラエア(Alstroemeria caryophyllaea)からの園内育成品種たち。
長いのと言いにくいので「カリオ系」と園内では呼んでいます。

緑ばっかりのようでもポツポツでてきています。


こちらはすでに切り葉として出している外斑(バリエガータで出しています)。



まだ本数も数えるほどで出荷レベルに達していない花ですが
咲いていた分を貼ります。

左の「かげろいグリーン」は大分花茎が出てきました。
グリーンすぎて圃場では気が付くのが遅れる・・。


ほかポツポツ出ていている物から。



補足・‘クリスマスチアー’の数はこの2~3日がピークのようですが
急な寒さの影響もあってか小振りになりました。(昨日の出荷前)

圃場に沢山あってもガツンと冷え込んだら
そこでオシマイになります。

で、昨日の時点でガラス温室群はとりあえず最低限の仮補修は終えたようです。
とりあえず一安心・・かな?(昨日の大雨はビニール仮止めの天窓にはキツかったのではと)


  今朝は晴れましたが、外はまだびしょ濡れ。冷えなかっただけマシですが。(担当・IDU)

2019-12-03 08:37:41

コメント(0)

シャリンバイの実が~  アルストロメリア寝ぼけ眼 クリスマスチアー ネリネ

本来は生垣用のシャリンバイなので
バチバチとは切れないのですが、
クリスマスに向けて例年ちょろっと出していたのです・・。

いい感じになったなと思っていたのですが。


とうとう今年はヒヨドリに見つかってしまいました。

ただでさえイレギュラーなの今年は出せるかな・・。


こちらはスローテンポで進行中の切り花向けアルストロメリアのカリオ系。
(Alstroemeria caryophyllaeaの園内育成品種)
本調子前の極々初期のあるあるを。
人間でいうと寝起きの寝ぼけ眼って感じでしょうか。

左・単にまだ体力不足で輪数が少ない(気にせず)
中・たまに出る合着(全部が常にそうなら面白いのですが)
右・開幕初動、いきなり花茎だけだしてしまう困ったさん(葉はどうした~)

ほかの青々している場所もそろそろ花茎準備中。

これだけ茂れば体力十分。
 
そんな中で一番元気に進んでいる「セサミオレンジ」

右画像のようにほかのレーンはまだ葉っぱだけの感じが多いです。


急な冷え込みがありまましたが、‘クリスマスチアー’は今のところ無事。
(冬咲きトリトマ、ニフォフィア属、クニフォフィア属、Kniphofia ‘Christmas Cheer’)



こちらはネリネHyb.(Nerine bowdeniiのHyb.)。

クリスマスチアーとネリネは短期集中型の開花のため
両方とも今週一杯でガクンと減ると思います。


      夜間8~10度近く暖かで、明け方から雨になりました。
      私の片頭痛も明け方から連動して開催中・・。(担当・IDU)

2019-12-02 08:30:55

コメント(0)

クリビア 結実中   オーリカム

クリビア(Clivia属)が色々と結実~回収の時期になってきました。
(要するにクンシランの仲間たちなのですが)

黄花クンシラン(ウケザキクンシラン、Clivia miniataの黄花)


こちらはカウレッセンスHyb.(カウレスケンス、Clivia caulescensのHyb.)

熟す順番はバラバラなので
定期的に見回って、傍で回収してています。


で、気の早い子はもうこの時期から咲いているのも。

Hyb.の何か(ラベルを見損ねました)
もう少し沢山咲き出すと一部は切り花にもします。


オマケ。
育種中のオーリカム(アウリクム、Hippeastrum aulicum)から白花系。
(現在はまだ非売品)


通常の切り花はまだ続いています(でも後半ですが)。

作業場なので色々写りこんでいるのは見えないことにして下さい。

右の蕾なんかは、先端を押してポリッと開かせたくなります。


   今日から師走・・えぇ?って感じです。寒さは冬らしくなりましたけど。(担当・IDU)

2019-12-01 08:41:42

コメント(0)

ラケナリア花茎 そろそろ切れます(ビリディフロラ、グリーンクラウン、あずき)

以前(26日記事)ラケナリアが遅れているような事を載せましたが
一時期の暖かさで挽回、ほぼ平年並みに動き出していました。
来週頭からポツポツ切れ始めそうです。
(今日の土曜にも数本単位なら切れそうな雰囲気とのこと)。

植物全体で考えても、珍しい水色や翡翠色っぽい花色の
ラケナリア・ヴィリディフロラ(Lachenalia viridiflora)



上がフサフサになる「グリーンクラウン」



この時期に咲く「あずき」



ついでに今は非売品(売れすぎて増殖中・・嬉しいけど困った状況?)の
ラケナリア・ルビダ(現在Lachenalia rubidaはLachenalia punctata)
良い色になっていたので貼っておきます。(球根・ポット苗・切り花など、すべて休止中です)

咲かせているという事は、交配作業が待っています。

情報・ハエマンサスが終盤となりました。

200枚以上割れた温室のガラス補修は数枚単位で進みだしていますが、
終わるのは12月中旬ぐらいになりそうとの事。
作業がはじまったので、遅れる部分はビニールを貼ってもらってしのげそうです。


で、久しぶりに晴れた昨日、社長みずから冬対策作業中。

(ここはハウスではなくトンネル状の作業場の一つ)


          昨夜は一晩中0度台、明け方はマイナスの0度台になりました。
          昨日のうちにどの程度ハウスが復旧しているのだろう・・。(担当・IDU)

2019-11-30 08:39:36

コメント(0)

冬咲きトリトマ(クニフォフィア、ニフォフィア)  チューベローズは終了

(投稿時はまだ圃場を見ていません。昨日まで続いた雨と
今朝は2~3度ぐらいまで一気に冷えたと思うので、
出荷の見送りもあり得ると思います・・)
●10時20分追伸・見てきましたがとりあえず全部無事でした。●

冬咲きトリトマ(クニフォフィア属)‘クリスマスチアー’ 
(Kniphofia ‘Christmas Cheer’)
切り花中です。(Kを読まずにラベルはニフォフィアで書いています)


毎年強い霜と強風が来ませんようにと願いつつ・・。
加えて今年は冷たい雨も。



同じく露地で頑張ってくれていたチューベローズですが・・。
もう強い寒さが来たので出荷レベルの花は無理になりました。
以下は汚いのを承知で載せます。
(元々、台風の大雨時に葉っぱ全体が一時は泥に沈んだので株の見た目は更に悪い)

一見するとまだ花茎はドンドコ出てはいるのですが、葉がすでに諦め(休眠)ムード。

たまに右のようにまともそうなのもあるのですが本数がない。

台風被害以降、雨や曇りの日が多すぎて
せっかく膨らみ始めても蕾の先端が傷んでしまったり、
無事でも妙に暖かかった時に出てきた蕾は
寒さで動きを止めてカチカチのままになりました。

ゴリゴリのままなのですよ・・。


    今朝は8時から復活したアメダスが4度台表示、ってことはもっと冷えていた・・。
    早朝は車の走る音から多分ブラックアイスバーンだったかと。(担当・IDU)

2019-11-29 08:44:33

コメント(0)

ガラスがまだ・・その下でグラジオラス出蕾  ツルバギア増加中 パピリオ細々

このところ急に冷えてきましたが、温室ガラスはまだ大半が青空天井。
ガラスは確保できてもパーツが欠品では
取り付けられないので仕方ないのですが・・。(ひたすら入荷まち)
雨も降り続いているのでヒビだけで済んだ所はシールでしのいでいます。



ここは赤丸の部分が青空天井。
(霧雨でガラス部分は摺りガラス状に見えるので、まだ分かり易い)

右画像は割れた真下付近。棚一本がほぼ無駄に(まだ動かせる物だっただけマシ)。
考えても仕方ないのですが、冷気も雨も直接入ってくる・・。
あちこちパンパン抜けています。

ここが一番集中して割れた付近。(一枚が畳一畳(たたみ、いちじょう)に近いサイズ)

(妙に明るく見える赤線の枠が割れている)
明日明後日は晴れるようですが、その代わり冷えて朝は1~3度予想(泣)。


ここの傍には晩秋~初冬咲きのグラジオラスがあるのですが
何とか無事に花茎を上げてきました。
(右端の葉はカラーですが、寒い割に雨で水分補給されてしまうので
休眠しようにも困っている感じ)

花茎は最初のうちは曲がっているので見つけやすい。

まさに雨にもマケズ、寒さにもマケズ・・いや負けると困るので頑張って欲しい。

(細長いとなんだかバッタがいるようにも見えてくる)


同じハウス内でツルバギア(Tulbaghia fragrans は現在Tulbaghia simmleri)が増加中。 



パピリオ(Hippeastrum papilio)もポツポツ切れています。



   で、今日も雨が降り続くようで・・。アメダスは数時間普及後に昨日午後からまたダウン。
   ついでに昨夜からオールで頭痛祭りも絶賛開催中・・。(担当・IDU)

2019-11-28 08:33:20

コメント(0)

ネリネ サルニエンシス系終了 ボーデニー系開始 ハエマンサス開始

ネリネ(ダイヤモンドリリー、Nerine sarniensisのhyb.) は
数日前までが暖かかったせいか、一気に終了しました。
「ミルキーチェリー」はこんな感じの花でした。


変わってボーデニーHyb.(Nerine bowdeniiのHyb.)が切れ始めました。





これもシーズン物のハエマンサス・アルビフロス(Haemanthus albiflos)が
切れ始めました。


採花中のアップ。


秋はいずれも短期間の品なのでお早めにどうぞ。


        シトシト小雨が降っています。昨夜から再び茂原市はアメダス停止中~。
        予報通りとはいえ昨日から真冬並みの寒さになってきました。
        まだ大半のガラスが直っていないのに~。(担当・IDU)

2019-11-27 08:36:29

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5