top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ヴィリディフローラの球根を2つ (イキシア、ラケナリア)

ヴィリディフローラ、ヴィリディフロラ、緑の花という事で・・。種名が同じ掘り上げ作業中の球根を2種貼ります。
これはイキシア( Ixia viridiflora)。

開花時の参考です。今年は少なかったので大変でした。(3月上旬ごろ)




こちらはラケナリア(Lachenalia viridiflora)。

左は根がまだ乾ききっていないので、軽く堀り上げて自然乾燥待ち状態、右は掃除後。
この後は出荷分など大きさ別に最終選別があります。

開花時の参考画像(今咲いていたら凄いのですが、ハウス内で12月中旬の様子)。

両者とも花には珍しい色。秋植え球根として準備中です。
(イキシアは極端に出荷が少ないかも知れません)

情報・切り花のミラ・ビフロラは先発組が一旦終了、次が咲いてくるのを待っている状態です。
アガパンサスの青花は四季咲き性が強い品種なので、少量ですが秋頃まで順次続けられそうです。


                           連日の猛暑でそろそろ露地もカラカラになってきました・・。(担当・IDU)

2018-07-22 07:02:51

コメント(0)

ユーコミス選抜結実中  ベラドンナリリー完全休眠

パイナップルリリー(ユーコミス、エウコミス、Eucomis属)の実生選抜中の場所です。
白花はのちに緑に、赤紫系は少し色が抜けて緑に近くなりますが
秋色アジサイみたいに花後の状態が結実終了頃まで楽しめます。
(露地だと大量の種(たね)の重みや強い雨で花茎が曲がる事もありますが)

左が白花、右は中央の目(子房)がピンク色だった花。

こちらは赤紫系のその後。

少し色が抜けて、満開時とはまた違う渋さ。


こちらは通路奥まで完全に休眠したベラドンナリリー(アマリリス・ベラドンナ、Amaryllis belladonna)
奥まで完全に休眠。葉が丁度日差しによる地温上昇を防ぐカーテンになります。

こうなると真夏だ~と毎年思います。


                                     う~、暑いとしか言えなくなってきました・・。(担当・IDU)

2018-07-21 07:06:44

コメント(0)

アルストロメリア 球根堀り上げ中 植え付け中

アルストロメリア(Alstroemeria属)、植え替えや秋植え向け販売用の球根を堀り上げ中です。

基本の姿は同じでも、種(しゅ)や品種によって随分形が違います。
作業側としては右の方が掘りやすい。左は細い部分が折れやすいので神経を使います。
(「慌てず丁寧に手早く」なので、難易度が高い)


開花球サイズでも、種(しゅ)や品種によって形はさまざま。(これも右側が掘りやすい)



人力で搬入してピシッと一点透視になると気持ちよいですね。
右はまだ潅水チューブセット前。


 オマケ。ツバメの雛の途中経過があったので貼っておきます。

2羽見えています(クチバシの黄色)。


情報・ベッセラ・エレガンスにポツンポツンと花茎が見え始めました。(まだまだ切れませんが)


                                             昨日は猛暑日行きました・・。(担当・IDU)

2018-07-20 07:33:28

コメント(0)

エレギア・テクトルム新芽切り頃 バルビネラ種回収  用土が沢山・作業も沢山

たま~に新芽を切り葉状態で出す事があるエレギア・テクトルム(Elegia tectorum)。
 (忘備録・異名Chondropetalum tectorum 、Restio tectorum)

いい感じの縞々。少量なら50~60センチで切れそうな感じです。
(定番品ではない上に極々少量扱いなので、お問い合わせいただければと思います)


こちらはバルビネラ(ブルビネラ、Bulbinella属)の交配後の種を掃除する前の段階。

まだ選り分けていないので籾殻状態です。


そしてまだまだ続く、植え替え・植え付け作業場所の大量の用土。

かなり配合は植物ごとに変えるので、使用予定量を作るのも大変な作業。
(流石にショベルカーが動きますが)


                                                    暑すぎて夏の花もグッタリしそうです・・。(担当・IDU) 

2018-07-19 06:45:26

コメント(0)

ミラ・ビフロラ 切り花  チューベローズ生育中

ミラ・ビフロラ(Milla biflora) 切花ですが・・圃場だと葉も花茎も細いので目立ちません・・。

忘備録・キジカクシ科(クサスギカズラ科)。



仕方がないので蕾の先端付近にペイント加工。


参考までに過去ログから開花姿を。
Milla Biflora
(うわ、画像サイズ大きかった・・8月下旬頃です)


こちらはシーズンがもう少し先のチューベローズ( Agave polianthes)。
アガベですよアガベ。と、今でも思わず二度言うか二度見をしてしまいます。

忘備録・現在キジカクシ科(クサスギカズラ科)。
(異名はPolianthes tuberosa、Agave tuberosa)

情報・アガパンサスの青はまだ少しずつなら順に採れますが白は終了です。
 

                                                       晴れて8時で30度突破、今日も暑くなりそう・・。(担当・IDU)

2018-07-18 08:14:55

コメント(0)

出荷 ツルバギア・マリティマ アガパンサス斑入りのポット苗 共に3.5号

ポット苗で少量出荷している原種のツルバギア・マリティマ(Tulbaghia maritima)です。
(検索だとビオラセアの亜種や変種のマリティマと出るかもしれません)

聞いた事なかったな・・と思ったら2011-2012の登録だったので、そりゃ手持ちの図鑑に載ってない訳で・・。


一応過去ログから、花の開花参考です(9月)。



こちらはヤブラン・・ではなくて、アガパンサス(Agapanthus属)の斑入り葉苗。

 3.5号ポットなので大体大きさが判るのではと思います。
共に少量なら対応できますので、ご興味があればお問い合わせください。


                    連日の猛暑、今朝は少し薄曇りでホッとしていたら晴れてきました・・。(担当・IDU)

2018-07-17 07:53:17

コメント(0)

ユーコミス切り花 リコリス球根 ゲイソリザ・ツルバゲンシス球根

切り花中のパイナップルリリー(ユーコミス、エウコミスEucomis属)の畑の一部。

画像右手奥にある緑色はチューベローズが生育中。


こちらは堀り上げが住んで、球根出荷準備中のリコリス(Lycoris属)。

大きさごとに選別中。根っこは切りたくないのですが、
梱包の関係などで最終的にはカット状態で流通します。


こちらも出荷準備に向けて
堀り上げ中のゲイソリザ・ツルバゲンシス(Geissorhiza tulbaghensis)。


と言われても、この画像から花が想像できないと思うので過去ログから。

(ハウス内でピークの3月上旬頃)ゲイソリザのイメージにしては大輪の花が咲きます。
画像は白花に写っていますが、アイボリーホワイトぐらいの色味です。


                    このところの熱帯夜と頭痛祭りで寝不足気味。今日も暑くなりそう・・。(担当・IDU) 

2018-07-16 07:27:28

コメント(0)

チラホラ咲いているヒッペ 休眠中ベラドンナリリー アルストロメリア植え付け

アマリリス(Hippeastrum属の方)、ポツポツと咲いていたります。

もうひと踏ん張りすると夏秋開花組と合流できそう?
本数が纏まれば切り花にもするようですが、1~2本では無理なのでこれらは出荷見送り組の花。


こちらはホンアマリリスのベラドンナリリー(Amaryllis belladonna)の休眠進行中。

日に日に枯れてもうほぼ緑葉は消えたかな・・。カサカサです。


こちらは堀り上げつつも切り花向けは植え付けも同時に進んでいる、
アルストロメリア(Alstroemeria属)の圃場。

横の四角いカードはカルテ。作業中なのでこんな感じです。

そして先に植えて発芽したレーン順に、養生用の遮光ネットが上がります。
(両サイドはまだ休眠待ちの段階)


                               熱帯夜と・・今朝も8時で30度越えと猛暑のようです・・。(担当・IDU)

2018-07-15 08:21:49

コメント(0)

アルストロメリア 回収作業が進行中 ボマレア・エデュリス

アルストロメリア・リグツ (Alstroemeria ligtu)たちの回収作業も進んでいます。

(いつもよく定点撮影して花畑だった場所です)

これは元々殻が小さ目の品種。



アルストロメリア科繋がりで、もう出荷した後とは思いますが・・。
元々出荷自体がレアで、その中でも左画像はさらにレアな特大サイズの
ボマレア・エデュリス(Bomarea edulis)です。

普通は出せても右ぐらいの感じの物が多いです。

こちらは露地の子。

(充実すると色が載ります。露地なので尚更顕著)


                  今日明日は特に猛暑予想ですが、朝の8時でほぼ31度は初めてかも・・。(担当・IDU)

2018-07-14 08:22:25

コメント(0)

アガパンサスほぼ終了  ラケナリア球根仕分け中 

白花のアガパンサス(Agapanthus属)は終了となりました。画像右のようにスッカラカン。

画像左の青花はまだもう少しありますが(こことは別の畑もあるのですが)残りは時間の問題・・。


このセットで終わりぐらいかも知れません。


こちらは秋植え向けのラケナリア(Lachenalia属)の球根。
出荷に向けて選別などが進んでいます。

 (大体大きさ別に分かれたところ)


オマケ。園内で台風をやり過ごしたツバメさん。

下の白いのは巣から放り投げた卵の殻。
なんか厚めの卵殻膜のような感じです。
これでもっと小さかったら、トカゲちゃんとドッコイだと思ってしまいました。

情報・アガパンサスは斑入りの小株を3.5号ポットで出荷しています。


                             なんだか今日から連休明けまで猛暑の予報が怖い・・。(担当・IDU)

2018-07-13 07:42:49

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5