top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ツルバギア 切り花 ストルマリア 出葉

秋の切り花がポツポツ出ているツルバギア(Tulbaghia fragrans 、現在Tulbaghia simmleri)。

この時はほぼ白花のみ。


 こちら非売品ですが、ツルバギア・カペンシス(Tulbaghia capensis)が咲いていたので撮影。

切り花には小さい・・小鉢向きでしょうね。


他には切り花は少量ですが、ストルマリア・トルンカータ(Strumaria truncata)が動き出しました。

このチューブが可愛いのですが、この辺は好き嫌いが分かれそうです。

参考までに開花はこんな感じ。

(切り花向けハウス内、10月末から11月上旬ごろ)


                              今朝はほぼ一週間ぶりに普通に青空と朝日が戻ってきています。
                              でも当地の今日の予報は曇り。             (担当・IDU)

2018-10-18 07:48:18

コメント(0)

リューココリネ 近況

リューココリネ(レウココリネ属、Leucocoryne coquimbensisなど)、今年の先行エリアの花です。

色も形も色々。

量的にはまだまだハシリの段階ですが、徐々に増えてきています。

こちらは通常生育で出葉段階のエリアですが、そのうち追いついてくると思います。

大分茂ってきました。(葉が細長いのであまりイメージできませんが)


まだまだ植え付け作業も続いています。(同じくリューコの球根たち、後発組の先発陣とでもいうか)



他の植え付けや植え替えもこの時期は沢山なので、土置き場がにぎわっています。


社長自ら用土制作エリアで攪拌中。



    今朝は小雨。青空を数日見ていない気が・・。モズに続いてヒヨドリが賑やかになってきました。(担当・IDU)

2018-10-17 07:45:11

コメント(0)

グロリオサ 終了時期ですが

グロリオサ(Gloriosa属)の切花終盤です。 多分今週一杯でガクンと減るのではと思います。





結実中の大きさの参考です。 通常は殆ど出してこなかったので、ご興味があればお問い合わせください。
(ハロウィンも近いのでアクセントに面白いかも)

左が小さい段階、右が大きい段階(最大の8割ぐらい)。
こげ茶色のモケモケは花弁の名残です。


こちらは夏場活躍してくれた保冷庫。
先週ぐらいまでは確かに冷涼な保冷庫のイメージでしたが・・。

この数日で温蔵庫の気温になってきました。
(いくらなんでももう夏日は来ないでしょう・・)


             今朝もすぐに降ってきそうな曇り空で肌寒い。・・庭の草取り日和ではありますが。(担当・IDU)

2018-10-16 07:35:53

コメント(0)

リューココリネ 切り花がポツポツと  ヒッペアストルム 育種中

先行エリアで少しだけ切り花が始まっているリューココリネですが
(レウココリネ、Leucocoryne coquimbensisとそのHyb.) 通常生育分も大分伸びてきました。

(この画像だと葉が伸びていても見えませんが・・ネギ苗ぐらいにはなってきています)
このエリアの花はまだまだ先です。

 
先行エリアはポツポツと切り花を開始しています。

 

同じヒガンバナ科繋がりで。(上のリューコは現在APGではヒガンバナ科)
アマリリスでも呼ぶヒッペアストルム(Hippeastrum属)の育種中のエリア。
色々管理上の注意書きの札が立っています。

(今は半休眠状態が多いので多少のブサブサはご容赦)
実は蛍光色の札は値段カードの代用なのですが、目立つのでラベルに使うには便利。
性質や花上りなどを確認して、切り花になるまで更に何年かな・・。


                 昨日から本当に寒くなってきたような・・。体がついて来ず寒いです。
                 今朝も今にも降り出しそうな空。今度は日照不足が心配になってきました。(担当・IDU) 

2018-10-15 07:34:57

コメント(0)

ベラドンナリリー 育種・確認中  アルストロメリア 生育中と植え付け準備

ベラドンナリリー(アマリリス・ベラドンナ、Amaryllis belladonna)の切り花出荷は終わっていますが
育種作業は続いています。

濃色の開花で花型や性質など見極め中。花粉も活躍中。


同じ交配結果からの差異。3本とも表情が違います。




こちらは切り花向けアルストロメリア(Alstroemeria属) の最近の様子。

大分茂ってきています。 花はまだ1レーンに1~2本チラッと見える程度なのでまだ先。


こちらは主にリグツ種などの準備をする場所。

100m走が出来そうですが。
一番奥に新品♪の大きなブルーシートが敷かれています。ここに作った培養土の山が出来ると・・
6号ポットに土を入れて並べ始めます。(写っている範囲は植え付け場所の約半分)
これが始まると冬(年末)だなと思います。
 

              夜中から小雨の当地です。昨日から曇って最高ー最低が20-15度を切るようになりました。
              温室のガラス、早く塞がるとよいのですが・・。                    (担当・IDU)

2018-10-14 08:13:26

コメント(0)

ラケナリア そろそろ発芽 まだ台風被害片付かず  ベッセラ基本色と茜

ラケナリア(Lachenalia属)、発芽が始まって土を持ち上げてくる勢いが楽しい。
次の水やりまでの一時しか見られない地割れ。 (水かけをすると平らになってしまうので)


棚下にもズラッと。(棚下とはいえここは日が入るので貴重な場所)

(一つ6号。奥の白っぽいケースもラケナリア)


こちらでは実生の芽だしが始まりました。

モミ殻燻炭と大きさがドッコイ。


これはターンエンド、じゃなくてレーンエンドの位置に主(ヌシ)発見。

植替えなければこういう風になっていくんですねぇ。
(通路端なので全然邪魔にならない場所のため、そのまま居座ってこうなった・・
というか、知ってて生長を楽しんでいると思われ)
 

ところで・・24号の被害、まだ直っていません。(畑用の場所)

簡易な場所で緊急性が低いので後回しですが、
素人目にも立て直すの大変だろうなと思います。
(雨続きで温室ガラスもまだ直ってません。
壊れてしまったモーターは直って開閉できますが、ガラスが無いのでは・・)


画像に花が無いので、ラストが近いベッセラのオレンジ系も貼っておきます。

こちらは基本色。

こっちは茜(あかね)で、より赤いのですが淡い色まで色幅があります(基本は濃赤系)。

でも残念、画像だと差が見えないのですが・・。
肉眼だと上が朱赤、この茜は赤に見えます。


                 今朝は今にも降ってきそうな曇り空です。
                 朝はまだ16度ありますが、一雨ごとに急にヒンヤリしてきました。(担当・IDU)

2018-10-13 06:33:38

コメント(0)

ベッセラ・エレガンス 終盤といいつつも・・  ミラ・ビフロラ ほぼ終了

ベッセラ・エレガンス(Bessera elegans)、まだ切れていますが、
実際に休眠に入った先行組から堀り上げが始まっているので終了が近い段階です。

(傷つきやすいので無理に根っこなどを取らずザッと掘り上げた段階)


圃場に花はまだありますが、生育が揃いすぎて一気に切って短期間で終わりそうな気配。

(蕾の色が見えにくいので強調してあります)


こちらも満開ですが交配作業が進み結実中。



(上画像と同じピンク系)



多分もう殆ど終了のパープル系(パープルフォーム)。




こちらのミラ・ビフロラ(Milla biflora)は、本当に終了時期です。



                        時折シトシトと不安定な天気が続きます。なので断続的な頭痛祭り開催中。
                        雨続きだと台風被害の復旧作業が遅れてしまいます・・。   (担当・IDU)

2018-10-12 08:31:20

コメント(0)

メラスを探せ(球根堀り上げ中) ツルバギア ポツポツ開花

ザッと選り分けた土からのピックアップ・・まるで○ォー○ーを探せ、状態の難易度です。
土だけにしか見えない。 (開花球に満たないサイズのよりわけ中)
園内では略してメラスで呼んでいるMelasphaerula ramosaです。


右画像の手に載せているのが球根1つと皮や根などが崩れたゴミ。

当園扱いの植物では、ダントツの紛らわしさだろうとおもいます。


ヤッパリ判別が無理です。お皿とケースの中がザッと大小別にベテランが拾い出した球根。

選び出した後の品を見ても、土粒か有機肥料の小粒みたいにしか見えません・・。
育てて今後の開花球に育ってもらいます。

開花時の参考。 そろそろ切り花向け親球の芽が動き出す頃。

(ハウス内3月上旬ごろ)


他の切り花ではツルバギア(Tulbaghia fragrans は現在 Tulbaghia simmleri) がポツポツ切れています。



ベッセラ、このところまた気温が高いせいか切れていたりしますが、
色によっては無い日が出てきています。

(こちらはミックス束)


                     昨夜はアマガエルが賑やかだな~と思っていたら、夜中から少し雨になりました。
                     しばらく不安定な天気みたいです(秋の長雨は困るなぁ・・)。(担当・IDU)

2018-10-11 06:58:56

コメント(0)

チューベローズ 秋の花が少し

チューベローズ(Agave polianthes) 、昨日何気なく数本切れていて出荷準備中でした。

圃場を見に行くと、咲き始めなのか一旦この数本で切り頃が無くなったので、
後は 霜が降りるころまでポツンポツンと採れたら出す状況になりそうです。


 台風の21号と24号で結構ぐしゃぐしゃになってしまいましたが、
参考までに傷が入って放置になっているピンク系の八重を貼っておきます。
(今現在このピンク系は2~3本しか上がっていないので、この色は切るのは望み薄かも・・)



                             25度前後を暑いと思うようになったのは贅沢と思いますが、
                             斜めから強い陽射しが入るこの時期は屋内が暑い・・。(担当・IDU)

2018-10-10 08:27:29

コメント(0)

植え付け完了・作業中 その2 イキシア トリトニア ラケナリア

実生の肥培なども含めて秋植え作業が進行中です。
これはイキシア・ビリディフローラ(ヴィリディフロラ、Ixia viridiflora)。

17年実生 開花までまだ育ってもらわねば。 今はツブラジイとドッコイぐらいの大きさです。


トリトニア(Tritonia属)。

左はザッと選別した段階なのでピートモスの欠片なんかも入ってます。
右は大きさで分けて、ケースごとに同じ生育段階になるように蒔いていきます。


ラケナリア(ラシュナリア、Lachenalia属)の植え付けも進んでいます。



こちらはある日の切り花作業場の半端物やテスト中のバケツ。
チラッとパピリオ(Hippeastrum papilio)とオレンジっぽいのは
オーリカム(アウリクム、Hippeastrum aulicum)か、そのHyb.らしきを発見。
これからポツンポツンと切れ始めると思います。



                          昨日は一瞬夏日程度で随分過ごしやすくなりました。
                          でもまだ蚊がいて、庭にチョイ出た際に顔を刺されました・・。(担当・IDU)

2018-10-09 08:31:54

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5