top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

レオントキール・オバレイ 切り花中  アルストロメリア リグツ系生育中

レオントキール・オバレイ(Leontochir ovallei)が切り花中。
(備忘録・現在はボマレア・オバレイ( Bomarea ovallei)

大中小とその時によって大きさが違いますが、
今は割と大き目がよく揃った感じに咲いています。

思わず大玉とか超特大と言ってしまいますが、大きなサイズ。

画像では伝わらないのが残念。(サイズ比較の手を入れ損ねました)
アルストロメリア科。


同じ科の繋がりで生育中の定点撮影場所。
アルストロメリアのリグツ(Alstroemeria ligtu)などの切り花向けエリア。

今50~60センチぐらいの高さです。

これは今すでに切り葉で出しているアルストロメリアの斑入りを2品。

定番の「バリエガータ」

時々出している「ナルコ風」 
切るタイミングで少し淡クリーム(バニラ系)から白になります。

こちらの方が笹の葉っぽいというか、いわゆる切り花で言う
「なるこゆり」の斑入りに雰囲気があるのでナルコ風。
(切り花のアレはナルコユリではなくアマドコロの斑入り、という事はこの際おいといて・・)


ある日の切り花の水揚げ中。



                  明け方から予報通りの雨、更に予報通りガンガン気温が下がって寒い・・。(担当・IDU)

2019-03-23 08:30:00

コメント(0)

リューコ ストライプ系  ヘスペランサ・バックマンニー(増殖中)  フェラリアの花

リューココリネ(レウココリネ属、Leucocoryne vittataからの園内育成品種)
定番の「ストライプ ブルー」


同じく定番の「ストライプ ピンク」



「ジャパンブルー」

(個人的に好きな花)

「古代紫」


通常の品も賑やかなので大き目の画像で。




オマケ。こちらは現在咲いている・・という事は非売品・増殖中の
ヘスペランサ・バックマンニー(Hesperantha bachmannii)

この数日暖かくなったので一気に開きました。



オマケ。今季の切り花はほぼ終了な
フェラリア・クリスパ(Ferraria crispa)の花が咲いていたので撮影。

(株ごとで色の出方はかなり異なります)
 

                 昨日から暑い暑い。夜間20度行きましたよ・・。お彼岸過ぎたら初夏か~っ。(担当・IDU)

2019-03-22 08:26:09

コメント(0)

アルストロメリア レモネード カスタード ライムグリーン スポットレスイエロー ヴァンベール

アルストロメリア(Alstroemeria属)の切り花から。
あえて似た雰囲気の品種を貼ります。

「レモネード」

同じく「レモネード」。



「カスタード」

光の具合で違って見えるので・・。これも「カスタード」。



「ライムグリーン」

これも「ライムグリーン」。



「ヴァンベール」



これはあまり見かけないのですが、ラベル付けてあったので
「スポットレスイエロー」



            春分の日、暖かいですが当地は朝方から小雨です。今朝はコジュケイが初鳴き。(担当・IDU)

2019-03-21 08:29:34

コメント(0)

メラスフェルラ(メラスファエルラ)大き目画像で  グラジオラス(改良~維持中)

気温が上がると一斉に咲いてしまうので
今の時期しばらくの間しか出ない、園内では略してメラスで呼んでいる
メラスフェルラ(メラスファエルラ、Melasphaerula ramosa)。

これはアヤメ科。


なのでアヤメ科繋がりで、春咲きのグラジオラスから幾つか咲いている物を貼ります。
(圃場で咲いているという事は、交配用か選抜や維持中の物)

グラジオラス・トリスティス(Gladiolus tristis)と言うと
この花色しか園芸的には思い浮かばないかもしれませんが・・。


 種(しゅ)としてはこういう茶色い筋入りもあります。

(まだこの株はおとなしめかも)


もっと色幅が豊富なリリアセウス(リリアケウス、Gladiolus liliaceus)
これは最初のトリスティスにソックリな色あいかも。


その血を引くと思われるHyb.と思われる一つ。

(多分切り花向け)

こちらは原種ですが、イキシアじゃないかと思うようなグラジオラス。
撮影が遅れて花のピークが過ぎた後で残念ですが・・。

これはGladiolus quadrangulus でした。
(カタカナで書こうとすると多すぎて断念)

情報・吹き詰め咲きのカラー、順調に切れています。
 

                         昨日は19度台、三寒四温でなく三暖四暑がすぐ来そうで怖い。(担当・IDU)

2019-03-20 08:29:52

コメント(0)

ワトソニア(赤) 切り花開始    ラケナリア ゼフィラ そろそろ終了

ワトソニアの赤(Watsonia coccinea)も咲きだしました。

圃場では淡く写りがちですが、濃い良い赤です。

過去ログから切り花参考。

(3月下旬ごろ) 濃い朱赤系の赤。


こちらは全体に終了が近いラケナリア。
(とはいえ色々ポツポツ切れていたりするのですが、一品が沢山ある時期は終了)
これは左からラケナリア・ペルシー(Lachenalia peersii)の白花、
右画像はペルシーの標準花と右端にラケナリア・コンタミナータ(Lachenalia contaminata)。


こちらは春らしい色のHyb.が色々。


圃場のグラウシナ(グラウキナ、Lachenalia glaucinaは現在Lachenalia orchioides subsp. glaucina)



これもほぼ終了のゼフィラ・エレガンス(Zephyra elegans)。



                               彼岸入りしたら一気に暖かくなってきた感じがします。(担当・IDU)

2019-03-19 08:27:36

コメント(0)

ワトソニア(矮性)開花始まる キルタンサス ツルバギア

ワトソニア(Watsonia属)、の矮性の各色は秋植え球根でも扱うのですが、
ポツポツ咲きだしたので切れたらだせるようになりました。

蕾の形もなんだか麦っぽくて面白い。画像右はミックスカラーでの出荷。

咲き始めで撮影できていないので、雰囲気を過去ログ参考画像から。

(ハウス内4月上旬ごろ)

ワトソニアは赤も咲き始めています。


ほか切り花中の物から、キルタンサス(Cyrtanthus mackenii)。

 
ツルバギアの採ってきた直後。

(ずっと見て下さっている方には耳タコだと思いますが、
備忘録・ Tulbaghia fragransは現在Tulbaghia simmleri)
 

            大分穏やかな天気になってきましたが、朝方の冷え込みはまだ油断できないです。(担当・IDU)

2019-03-18 08:27:51

コメント(0)

ゲイソリザ属を3つ ツルバゲンシス ラディアンス エロサ(インフレクサ)  Fのアズレア

秋球根販売向けなのと、増殖のために種を採る必要があるので、
圃場内で割と花畑が見られるゲイソリザ属。
これはゲイソリザ・ツルバゲンシス(Geissorhiza tulbaghensis)

仕方ないので過去ログ参考画像から。

(ハウス内3月中旬ごろ)

ゲイソリザ・ラディアンス(Geissorhiza radians)は
このところの日照不足のせいか
撮影時は蕾状態で更にピンポケ・・。

こちらも過去ログ参考画像から。

(ハウス内3月上旬ごろ)

これはゲイソリザ・インフレクサ・エローサ(Geissorhiza inflexa var. erosa)
で知られていましたが、現在はゲイソリザ・インフレクサGeissorhiza inflexa)。
とはいえ、園芸的にはこの赤色はエロサやエローサの呼び名が残ると思います。

これもピンボケ・・なので過去ログの力を借りて・・。

(ハウス内3月上旬ごろ)


オマケ。切り花で時々出しているFreesia laxa subsp. azureaの
実生増殖エリアがほぼ満開だったので撮影。

(随分白っぽく写ってしまいましたが、藤色の花)

切り花時の参考画像を過去ログから貼っておきます。


同じく過去ログからですが、色の感じがまだよく出ているのはこれかと。


                      
                       シジュウカラなど春の鳥らしい声が聞こえるようになってきました。(担当・IDU) 

2019-03-17 08:35:35

コメント(0)

アルストロメリア さわやかOr. セサミY. セサミOr. クラシックOr. フォーシーズン

アルストロメリア(Alstroemeria属)の切り花から
「さわやかオレンジ」

圃場にて。



「セサミイエロー」

圃場にて。



「セサミオレンジ」

(圃場・・撮れませんでした)

「クラシックオレンジ」


「フォーシーズン」

以上オレンジ系色々でした。

情報・そろそろラケナリアの切り花全体が終わりです。
ワトソニア(赤)が咲きだして切り花間近です。


                    昨日は風もなく穏やかな晴れでしたが、今朝はガッチリ曇って下り坂中。(担当・IDU) 

2019-03-16 08:28:12

コメント(0)

アマリリス(Hippeastrum属の方)切り花  ゼフィラそろそろ終了 グラジオラス2種

園内ではアマリリスで呼んでいるHippeastrum属の色々、
先行組の蕾。

撮影自体は数日前なのですが、その後に暖かい日が続いて一気に進んでしまったので・・。

苞が割れた大きな蕾は出荷済みな感じになってしまいました。

この後まとまった花は、別ハウスの物の出蕾待ちになります。
 

ゼフィラ・エレガンス(Zephyra elegans)は圃場で満開状態になってきたので
ほぼ切り花は終了、種採り用に移行の予定。

(見ている分には一杯咲いていて眼福、管理と選抜交配担当は大忙し)



オマケ。こちらは春咲きのグラジオラスから2種。
増殖や維持中の物なので実質ほぼ非売品状態ですが、
せっかく咲いているので貼ります。
(花が咲いている、という事は増殖向けが基本)

グラジオラス・デビリス(Gladiolus debilis)

このカメラではこういう範囲は一番苦手なのでボケボケ・・。

まず一輪だけ咲きだしたクリアイエロー色の
グラジオラス・リリアセウス(リリアケウス、Gladiolus liliaceus)

(これだけクリアだと、トリスティスにも見えてきますが違います)
 

                    晴れていますが昨日からは少し気温が下がりました。明日はまた雨?(担当・IDU)

2019-03-15 08:16:41

コメント(0)

シアネラ 2種切り花中 リューココリネ  シノティア(スパラキシス属)から3つ

シアネラ、キアネラ、属名読みはどちらでも・・。
園内では英語での取引上シアネラ読みが多いです。
こちらは当園に3種あるうち、真っ先に咲く Cyanella orchidiformisです。





こちらは2番手で最近咲きだしたルテア(Cyanella lutea)。

あと一種はまだ茂っている最中ですが、いずれ切り花になります。


パープル系つながりで、一緒に園内でストライプ系と呼んでいる
リューココリネも(Leucocoryne vittataの園内Hyb.色々)貼っておきます。

(仕分け前)


オマケ。現在は維持中レベルですが、
スパラキシス(Sparaxis属)に含まれた旧シノティア(Synnotia属)から3つ、
咲いていたので貼っておきます。







                昨日は台風並みに風が吹き荒れて・・さすが三月、さて今日はどうでしょうか。(担当・IDU) 

2019-03-14 08:29:58

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5