top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  ゲイソリザ各種増殖向け開花  ヘスペランサ テコフィラエア・ヴィオリフロラ メラス

ゲイソリザ各種増殖向け開花  ヘスペランサ テコフィラエア・ヴィオリフロラ メラス

ゲイソリザ各種増殖向け開花  ヘスペランサ テコフィラエア・ヴィオリフロラ メラス

暖かい日が続いていたのでウッカリ撮影し遅れました・・。
秋植え球根で販売のゲイソリザの花をいくつか。
ゲイソリザ・ツルバゲンシス(Geissorhiza tulbaghensis)

本種は大輪。

ゲイソリザ・インフレクサ(Ggeissorhiza inflexa) 

咲き進むとマゼンダ色になります。
(異名のvar. erosaをつけていたりエローサやエロサで紹介している場合もあります)。


ゲイソリザ・モナントス(Geissorhiza monanthos)



ゲイソリザ・ラディアンス(Geissorhiza radians)

通称ワインカップ。異名の多い花でもあります・・。



こちらは維持~増殖中で非売品の
ヘスペランサ・バックマンニー(Hesperantha bachmannii)

白花。


こちらも撮影が遅れて一層小さな残り花状態になってしまった
テコフィラエア・ビオリフロラ(Tecophilaea violiflora)
(テコフィレアとも呼びます)
現在維持~増殖段階で非売品扱い。

指の間の極小花(もうちょっと大きいのですが)

あ、潜ったら過去ログが良い仕事をしてくれました。

この撮影は2月中旬ごろ・・なのでひと月近く遅い撮影なら無理だったわけです。



こちらは園内では略してメラスで呼んでいるメラスフェルラ(メラスファエルラ属)
(Melasphaerula ramosaは現在Melasphaerula graminea)
 


 冷える予報通りとはいえ、今朝は氷点下。立春は過ぎたのですが・・。(担当・IDU)

2020-03-25 08:21:22

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント