top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  植え付け作業の色々 蒸気消毒 通路の指定  ブルメナビアの発芽 

植え付け作業の色々 蒸気消毒 通路の指定  ブルメナビアの発芽 

植え付け作業の色々 蒸気消毒 通路の指定  ブルメナビアの発芽 

植え替え・植え付けが進むという事は、その前に堀り上げ作業があった訳で
使用後の蒸気消毒待ちケースがズラッと並びます。

終って冷えたケースは次の植え付けに回ります。


左、画像だと読めませんが、手前の段ボール板には「ラケナリア」と書いてあります。
通常でも〇号の〇番通路、〇〇の南側、とか指示が出ますが、 こうして書いてあると誰も間違えない。
秋の植え付けケース量が多い時にはありがたい指示。
そしてそれぞれの場所で右のように植え付けたケースが並んで、温室内が徐々に埋まっています。




これは増殖中のブルメナビア(Eithea blumenavia)、この夏に結実した種の発芽が始まりました。
これに限らず「種名で呼ぶな」とお叱りを受けそうですが、Eithea ってカナ書きし辛いので・・。
(エイセア?エイテア?)
 
この子は鮮度が命なので取り蒔きが基本。
それでも時間差は結構出ます。

一応、イメージとして今年の6月頃に咲いていたのを過去ログから貼っておきます。

(説明は「ちっちゃなアマリリス」と言った方が花のイメージは通じるでしょうね)


ところで園内は無農薬なので、鳥(主にハクセキレイ)や昆虫(益虫)が時々ハウス内に入り込みます。
先日は狩り蜂の一種が、点在するハウス内の細い支柱パイプ(中空)の周囲を
ノソノソ歩いたり穴を覗き込むようにホバリング・・。明らかに営巣候補地の下見なので、
流石にそれは困るからピンピンピンと支柱を弾いて「ダメダメ」とやったら、
天窓の隙間から飛んでいきました。ごめんよ~。自宅になら大いにウェルカムなんですが。


                秋らしくなったかと思ったら、昨日は梅雨の晴れ間のように蒸し暑かったです。(担当・IDU)

2017-10-09 07:27:19

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント