top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  リコリス 育成 実生 植え付け  ブルビネ・フルテスケンス 開花中

リコリス 育成 実生 植え付け  ブルビネ・フルテスケンス 開花中

リコリス 育成 実生 植え付け  ブルビネ・フルテスケンス 開花中

リコリス、今季の花のシーズンは終わりましが、お世話は続きます。

左、育成のための植え替え中(本当は根は全部残すのがmuch better ですが、このぐらい無くても大丈夫)。
まだ小さいので開花球まで時間がかかる上、品種物は分球増殖が頼りなので頑張って育てます。
原種は右のようにプリプリな種が採れたら取り播きです(農場長が作業中)


こちらは上の球根を露地の畑に植えている段階の物。

左上に作業中の方の靴が写っているので大体大きさが判ると思いますが、
土に付いている筋はキッチリ治具で等間隔に植えている跡です。


これは通常のポット苗から比べると親株サイズのブルビネ(Bulbine frutescens)。
苗としての出荷も可能ですが、今は花の量が多いので切花としても少し出しています。
なんとなく年中咲いていますが、春と秋は綺麗に咲きそろいます。

地植えは霜に当たらない程度で乾き気味の日当たりがベスト。
(土は水はけ優先でむしろ痩せている方が良いので、路肩沿いとか軒下などがベストかと)
多肉の例にもれず、水分や日照で葉姿や葉色は随分変化します。


     今朝までの雨は予報通りとはいえタップリで、少し蒸し暑くなりました。
     0時前の福島の地震は、キジが揺れに驚いて鳴いていました。(当地は2ぐらいで大丈夫です)(担当・IDU)

2017-10-07 08:23:11

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント