top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  バルビネラ 植え付けと生育開始 シノティア球根

バルビネラ 植え付けと生育開始 シノティア球根

バルビネラ 植え付けと生育開始 シノティア球根

5日記事でもバルビネラの植え付け作業は出しましたが、続いています。
これは分球や実生からのまだまだ小さいバルビネラの苗(ブルビネラ、Bulbinella属)。

白っぽく見えているのが芽の上に切り残してある枯葉の位置。
切り花が取れるように大きくなるまであともうひと踏ん張り。

葉は筒状ではないですが、小さいうちはネギ苗みたいに見えるのを
過去ログから貼っておきます。(昨年11月中旬頃)




こちらはすでに切花用になっている親株達のエリア。
色々な指示ラベルが沢山入っていて読む方も大変。(こういうのは例外中の例外)

そろそろ潅水開始で発芽が始まるので、位置関係を覚えておくのは今の内。


これは シノティアの球根(Synnotia属は現在Sparaxis属)植え付け直前の状態。

スパラキシス属と言われても個人的にはヤッパリ違和感が~、と何度見ても思ってしまいます。


一応過去画像から、今年3上旬の切り花の様子を貼っておきますね(左の黄色はラケナリア)



                        今日は朝から夏が本気を出して戻ってくるようです。すでに暑いんですが・・。
                        これで予報通り明日から一週間は寒くて雨って本当でしょうかね。(担当・IDU)

2017-10-12 08:32:00

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント