top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  例外のパピリオとオーリカム ブルメナビア シアネラ切り花

例外のパピリオとオーリカム ブルメナビア シアネラ切り花

例外のパピリオとオーリカム ブルメナビア シアネラ切り花

ある日の切り花、イレギュラー品です。
このパピリオ(Hippeastrum papilio)は秋のフライング後、たまたま3本出たようです。

出たのなら出荷~。(とりあえず本来の3月頃の通常出荷までは稀に出るかも、という程度です)


上の右画像に写っているオレンジ色の蕾は・・。
オーリカムのハイブリッド(Hippeastrum aulicumのHyb.)ですが、これもたまたま遅れて咲いた物。

他のは結実段階なので、これらを手にした方はラッキーだと思います。



こちらはシアネラ(キアネラ、Cyanella orchidiformis)です。
7日記事で開花が始まったのを載せましたが切り花シーズンが始まりました。

水揚げ中でスリーブがかかっているとイメージが判り辛いですが・・(右上画像は上から撮影)

種名の通り小型のランの雰囲気がある花です。



もう一個、こちらも例外開花。元々気まぐれな咲き方をしますが、
この時期の開花は見たことが無かったブルメナビア。
(属名が今一つ読みづらいのと、アマリリスもヒッペアストルムも他にワンサカあるので園内では種名で呼んでいます)

一輪だけなので花も大きいです。この開花時期が固定すればいいのですが、しないんですよね(苦笑) 。
一昔前にミニアマリリスと紹介され、その後点々と属名変更、
現在はEithea blumenaviaに落ち着いたようです。(エイセア・ブルメナビア)
「th」部分にどうカナを当てればよいのやら。エイテアでもいい気もする。人前で言う時はth発音してみますか?

(数日後に展示会があるそうなので、その時までこの状態で咲いていたら・・と思うのは望み薄)


                            昨夜から冷えました~。書いている時点でまだ氷点下です。(担当・IDU)

2018-01-12 08:41:45

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント