top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  ゲイソリザ 何種か咲きだしました

ゲイソリザ 何種か咲きだしました

ゲイソリザ 何種か咲きだしました

日が当たらないと開かない花なので、秋植え球根販売が中心のゲイソリザ(Geissorhiza)属。
運よく日が射した時間帯だったので幾つか撮影できました。

白に近い淡クリーム色の大輪、ゲイソリザ・ツルバゲンシス (Geissorhiza tulbaghensis)。

右はピントが外れました・・。


普及種のイナエクアリス(Geissorhiza inaequalis)、藤色から水色に近い淡い色の花なのですが
カメラの苦手な色なのでかなり紫味の濃い色に写ってしまっています。



これはvar.のエロサやエローサで呼ばれる蛍光マゼンダピンク~赤のインフレクサ。
(Geissorhiza inflexa var. erosaは現在G. inflexaなのですが、この赤が特徴的なので
エロサやエローサの名前は園芸的には続きそうです)

フカフカの花粉を見てしまうと「交配しないと」と思ってしまいます。
(実際に増殖作業が待っています)


底赤の色からワインカップの別名でも有名なラディアンス(Geissorhiza radians)。


綺麗なのですが、曇ってしまったのでピントに逃げられました。



オマケでテコフィラエア・ヴィオリフロラ(Tecophilaea violiflora)、 こちらはすでに結実中。

ちょっと半透明になって可愛い。


            まだ曇って朝は2~3度台だったので寒いです。でも少し杉の木が緑っぽくなってきたような・・。
            花粉の飛散量は減ってきているのかな?(そろそろヒノキの花粉が飛ぶのか)    (担当・IDU)

2018-03-11 08:40:13

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント