top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  吹き詰めカラー 切り花(まだ極少量)  キルタンサス クリビア

吹き詰めカラー 切り花(まだ極少量)  キルタンサス クリビア

吹き詰めカラー 切り花(まだ極少量)  キルタンサス クリビア

吹き詰めカラー(Zantedeschia aethiopicaの八重(吹き詰め)咲き)、
通常のシーズンにはまだ早いですがボチボチ蕾が見え始めました。

運んできて仕分け作業前なので、まだサイズバラバラの状態(側のピンクはツルバギア)。


他の切り花、キルタンサス・マッケニー(Cyrtanthus mackenii)。

 赤(朱色)と黄色は特に元気です。


これはクリビア(Clivia属)の切り花。

(今回は少しいつもと違う雰囲気の花でした)


圃場での開花も増加中。(主にClivia caulescensのHyb.)

この辺のは、かなり濃い目の赤と言っていいようなオレンジでした。


定番の黄花も咲きだしました。(Clivia miniataの黄花。交配させて種を採る株は咲かせています)
 


多くの株はまだまだこの左下画像のような蕾が出てきた状態です。

右は・・内緒株かもしれない・・。(レオントキールも真っ青なトマトレッド色に濃い黄色の縁取り)


切り花だけでなく、ポット苗類も出荷が続いています。

小さい箱に見えますが、中に大人が入ってフタできるぐらいの規格最大サイズ。


             昨夜から小雨、空が暗く気温以上に寒く感じます。もちろん4~5度ですから寒いですが・・。
             先日の20度越えは何だったんだと思います。花粉飛散は一段落?       (担当・IDU)

2018-03-08 08:35:20

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント