top_rogo

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  アルストロメリア原種の開花 パウペルクラ  シアネラ終了近し リグツ系のスタート

アルストロメリア原種の開花 パウペルクラ  シアネラ終了近し リグツ系のスタート

アルストロメリア原種の開花 パウペルクラ  シアネラ終了近し リグツ系のスタート

圃場で咲きだした原種のアルストロメリア・パウペルクラ(Alstroemeria paupercula)です。



(基本は球根やポット苗での販売)
小型の葉に大きめの花、外花被の先端が大きくハート形に窪む感じで
開き方に特徴のある花型です。


こちらは切り花圃場の一部。

左は輪数不足、右は輪数過多・・。シーズン終わりが近いと生育がバラつきだして
休眠が近いお知らせです。



このキアネラ・カペンシスも終盤です(Cyanella capensisは現在Cyanella hyacinthoides)。
(左は淡色、右は濃色。園内ではシアネラでも呼びます)

この時期に出荷できるのは、やや横張りの枝振りになる特徴の成育が晩生の物です。


情報・お待たせしました。アルストロメリアのリグツ系など夏場の花、まだ走りの状態ですが切れ始めました。

昨日、作業場を除いたら少しあったので驚いて撮影。

         
                        今日も暑くなりそう・・です。昨夜からの頭痛祭りは気温変動のせいかな~。
                        夜中にホトトギスが鳴いていたし、気候が変?          (担当・IDU)

2018-05-16 08:39:03

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント